【海の生き物】存在感バツグン!見る人を魅了する!海の中を優雅に泳ぐ一匹のカメ!

Naoco Matsumoto

scuba diver

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

カメの仲間の中でも1~2mと大型になるウミガメ。

カメと聞くとイメージ通り
動きがゆっくりで穏かな顔をしている
水族館でも大人気の生き物です。

好奇心旺盛な仔ガメは
ダイバーに人懐っこさも見せてくれます。

ウミガメが陸にいるのは
雌ガメの出産の時と孵化から海へ移動する間のみ。
一生のほとんどを海の中で暮らしています。

体は水の抵抗を減らすため甲羅が平たくなっていて
泳ぎやすいように手足がオールのような形をしていたり
陸ガメとは違う海に適した体の造りをしています。

ウミガメの産卵シーズンは、5月から8月です。
この時期は、多くのウミガメが産卵場所を求めて
比較的浅い海に集まってきます。

砂浜にタイヤの跡のようなものを見つけたら
夜に親ガメが卵を産みに来た印です。

一匹のカメが何度も産卵を繰り返すこともあり
一匹の雌が卵を産む場所は
同じ砂浜の少し離れたところなど特定の場所を好みます。

一度に100個以上の卵を産み
温度に応じて2ヶ月前後で孵化します。

産まれた仔ガメは海の水平線にあたる光源に向かって
海の方へ戻って行くのですが、
海まで辿り着けずに亡くなってしまったり
海の中へ戻れても他の魚に食べられてしまったりと
大人まで生き残れるウミガメはほんのわずかだそうです。

ここ沖繩本島恩納村にあるダイビングポイント
"恩納ポイント"は、
船でもビーチからでも行くことができます。

産卵シーズンの5月から8月に海へ行くと
ウミガメに出会える確率が高いです。

Music:Blue Heaven - .FLASH☆BEAT

シェア

いいね

コンテンツへの感想


トレンド/カルチャーの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る