タイトル画像

【与那国島】島移住者が教える超穴場ビーチ 楽園のような透明度抜群の海で熱帯魚と一緒に泳げる【沖縄県】

NAOMI MURAKAMI

グラフィックデザイナー/クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

沖縄県八重山郡にある、日本最西端の離島与那国島に移住して、3年が経ちました。

与那国島とは、沖縄県の八重山諸島にある、日本最西端の孤島。あの有名なテレビドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地です。

沖縄本島から520 kmも距離がありますが、なんと台湾までの距離はわずか111km。晴れた日には台湾が見えるから驚きです。

そんな与那国島に観光に来られる方によく聞かれるのが、オススメの観光スポットはどこ?ガイドブックに載っていないような穴場はないの?という質問。

ということで今回みなさんにご紹介するのは、私一推し知る人ぞ知る!まるで小さな楽園のようなビーチです!

二畳ほどの広さしかない「二畳ビーチ」

私がよく泳ぎに行く穴場ビーチ、それは「二畳ビーチ」という場所。砂浜が二畳ほどの広さしかないことからこの名前がついたんだとか。

完全に自然の地形からなるビーチ。穴場なので基本的にプライベートビーチ状態です。

二畳ビーチ
二畳ビーチ

とにかく海の透明度が桁違い

まず、与那国島の海は本当にびっくりするほど透明度が高いです。

初めて与那国島の海に入ったとき、あまりにも透明度が高すぎてゴーグルなんてつけず目を開けて普通に見えるんじゃないかと錯覚したほど。

そしてこの二畳ビーチの透明度も、とにかくすごい。百聞は一見にしかずということで、二畳ビーチの海の中の写真をご覧ください!

二畳ビーチの海の中 
二畳ビーチの海の中 

ソーダゼリーのような海面
ソーダゼリーのような海面

いかがですか?

こんなに綺麗な海が日本にあったなんて、与那国島に来るまで私は知りませんでした。

珊瑚や熱帯魚と一緒に泳げる自然の水族館

二畳ビーチのいいところは、まずあまり水深が深い場所がなく比較的安心してシュノーケリンングを楽しめるところ。

でも整備されているビーチではないので、絶対にリーフ外には出ないでください!流れが速く危険なので、必ずリーフ内だけで安全に楽しみましょう。

そして次に、珊瑚礁や熱帯魚がたくさん!

シュノーケリングで海面に顔をつけチャプチャプと泳ぐだけで魚たちと一緒に海水浴が楽しめます。

珊瑚礁と熱帯魚
珊瑚礁と熱帯魚

行き道がわかりづらい!道路沿いの脇道を中に入る場所

二畳ビーチまでのルートは少し分かりづらく、とくに目印がないので実際に行っても見落としてしまうんじゃないかと思います。

場所は祖納集落のナンタ浜を東に進む途中の、脇道を入ったところです。地図で見るとこんな感じ。

頑張ってたどり着いてください!

ナンタ橋から東に歩いていき途中の脇道を左
ナンタ橋から東に歩いていき途中の脇道を左

安全に楽しみましょう!

いかがでしたでしょうか?

与那国島に来られた際には、穴場スポット二畳ビーチにぜひ行ってみてください!

ただし、与那国島の海はどこも整備されておらず手付かずで危険な箇所もあります。

遊泳は自己責任になりますので、くれぐれも注意しながら安全に楽しんでくださいね♪

シェア

いいね

コンテンツへの感想