トレンド/カルチャー

世界遺産の街中にワイヤーアート?マレーシアのペナン島観光

NAOMI MURAKAMI

グラフィックデザイナー/クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ペナン島のウォールアートを前回ご紹介しましたが、今回はウォールアートと同じくらい有名な「ワイヤーアート(WIRE SCULPTURES)」を紹介します。

これは、ペナン州政府がジョージタウンがユネスコ世界文化遺産に登録されたことをきっかけに始めたプロジェクト、
「Marking George Town」の一環です。
マレーシア人アーティストTang Mun Kianが中心となって、ジョージタウンの歴史をワイヤーアートで街のあちこちに散りばめています。

街をぶらぶらしていると突如現れるワイヤーアートたち。
町歩きが本当に楽しくなります。

特に好きだった作品は、

★こちら、jimmy chooという作品。
有名なシューデザイナーのジミー・チュウはペナン出身です。
彼はロンドンの学校へ行く前、靴工房だった実家で靴の制作を初めていたそうです。

★こちらはTok Tok Meeという作品
ワンタン麺の行商が鳴らす「Tok Tok」という音が聞こえると、上階の窓からかごを下ろして
注文していた様子を描いたものです。

どれも、さすがデザイナーさんが作っているだけありとてもクオリティが高く、現代的なアートでありながらも
世界文化遺産の町並みに調和していました。

ペナン島は街そのものがアートなので、カメラ片手にぶらぶらとするだけで、
大満足な1日になると思います!

BGM
Song/rivers
Artist/ziv moran

…続きを読む

トレンド/カルチャーの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る