トレンド/カルチャー

日本最西端の与那国島で手作りアイテムを使って部分日食観察

NAOMI MURAKAMI

グラフィックデザイナー/クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2020年6月21日、夏至の日の夕方16時頃から、日本全国で部分日食がみられました。部分日食とは、太陽の一部を月が隠すため太陽が欠けて見える現象です。
沖縄では深い部分食となり、特にここ与那国島では最大約93%も欠けると言われています。
日食を観察するには、専用の日食グラス等が必要ですが、ここ離島では簡単には手に入らず、ネットショッピングをしても到着まで二週間かかることもありとても間に合わなかったので、今回は友人が全て手作りで日食観察アイテムを作ってくれました!手作りアイテムでもとてもしっかりと観察も撮影もできて、大満足でした。
太陽が最大に欠ける瞬間は、辺りも薄暗くなり気温も下がり涼しくなって、とても不思議な感覚を味わいました。
日本の広い範囲で見られる日食は、次回は10年後の2030年まで起こらないということもあり、今回しっかりと見届けてきました。皆さんは観察できましたか?

BGM
Jungle_by Saar Twlto_Artlist

…続きを読む