トレンド/カルチャー

海底に眠る古代ロマン 与那国島海底遺跡をシュノーケリングで見てきました

NAOMI MURAKAMI

グラフィックデザイナー/クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1986年、与那国島の地元ダイバーによって発見された「海底遺跡」

主にダイビングやグラスボートで見る海底遺跡ですが、海のコンディションが良いとシュノーケリングでも海底遺跡を見ることができます。

その岩塊の大きさは、東西に約250メートル、南北に約150メートル、高さ約25メートルと言う巨大なもの。
用途はおそらく城か神殿ではないかと考えられていますが未だ人工物なのか自然地形なのかは調査中です。
しかし、まるで階段のような段、古い遺跡によくある柱の場所を示す柱穴跡、水路のような溝、人の手が加えられたことを示すクサビ跡や、外部からの侵入を防ぐための城門など、自然にできたものだとは言い難いものが数多く見つかっていることも確かです。

もしも人工物であるなら、1万年以上前による建築文明が存在していたとして世界最古の古代遺跡となり、人類の歴史が大きく塗り替えられることになります。

この先、この海底に沈む不思議なモノの正体が解明されることがあるのか、ないのか。
まだまだ未知の部分が多い「与那国海底遺跡」
人工的なものか、自然のものか、どちらにせよ生きている間にこんなにも素晴らしいロマン溢れるものを、自分の目で見ることができたことを嬉しく思います。

沖縄の小さな離島の海に眠る、謎多き海底遺跡。
古代遺跡説、自然地形説のどちらにしても保護されるべき対象であるという動きがはじまっているため、将来的にはダイビング禁止区域になる可能性もあるとのこと。
海底遺跡を自分の目で見てみたい方は、早めに潜りにいくとこをおすすめします。

BGM
Moonlight_by The Journey_Artlist

…続きを読む