タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【2021年最新版】本当に役立つダイソー釣具7選

なるフィッシュ

釣り情報メディア『釣りの知恵袋』

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

釣りに便利なアイテムや情報を発信している「釣りの知恵袋」なるフィッシュです!

もともとはただの100円均一だったダイソーですが、数年前から釣具に進出し始め、今や釣具屋と呼ばれるほどに充実したラインナップとなりました。

ところが出している商品の全てが良品とは限らないのも事実。

そこで今回は、僕が購入して良かったと思う本当に役立つ7つのダイソー釣具について紹介したいと思います!

ルアー編

メタルバイブ

まず初めに紹介するのがダイソー釣具のエース的存在のメタルバイブ!

ダイソーのメタルバイブは本当に優秀で、シーバスやサゴシ、バスなど様々な魚が110円で釣れることから発売当初、品切れが続出する程の大人気商品です。

サイズは7g、10g、14gの3種類だったのですが、「ダイソーのメタルバイブは水深の深い所では使えない」という声から、最近は20gと26gの新ウエイトが発売されました!

これで堤防のシーバスや、青物、ヒラメ、マゴチなども狙えるようになってますます死角がありません。

また7g、10g、14gの3種類はダブルフックが採用されていて、根の荒いフィールドでも根がかりが軽減されるように設計されています。

20g以上の重いタイプは根がかりの心配が少ないところで使用するためか、こちらはフッキング重視のトレブルフックが採用されています。

またアイと呼ばれるスナップを取り付ける部分が100均ルアーのくせに3つあり、それぞれの穴でアクションを使い分けることができます!

前の穴:高速で細かい振動

真ん中の穴:通常アクション

後ろの穴:低速で大きな振動

1つのルアーで3つのアクションができるなんて、ダイソー釣具の並々ならぬ拘りを感じます…!

サイズはフィールドによって使い分けるのが一番ですが、個人的には青物やシーバス狙いで20gと26gを使用するのがオススメです!

メタルジグ

続いて紹介するのがダイソー釣具の火付け役となったダイソージグ!

数年前に発売されたこちらのメタルジグをきっかけに、ダイソー釣具が普通に釣れると有名になったといっても過言ではありません。

特にメタルジグは根がかりや高切れが多く、経済的に優しくなかったのですが、ダイソージグは100均なのに有名ルアーと遜色ない釣果だったこともダイソー釣具が有名になった要因です。

ダイソージグは過去に2度ほどリニューアルされたので、現在はジグベイト、ジグロック、メタルジグの3種類あります。

個人的には、フォール中にヒラヒラとアピールしてくれるジグロックがオススメです。

ダイソージグの中で体高のあるジグロック
ダイソージグの中で体高のあるジグロック

ダイソージグは購入時、トレブルフックとスプリットリングがついているのですが、耐久性と針先の甘さが気になるので、釣具屋で売ってるフックとリングに交換したほうが良いです。

狙える魚は青物やタチウオで、青物を狙う場合は写真のようにアシストフックを取り付けると良いでしょう。

重さは18g、28g、40gの3種類ありますが、青物は圧倒的に飛距離が必要な釣りなので、40gがオススメです。

ソルト用ジグヘッド&シャッドテール

今、ダイソー釣具の中で話題になっているのがこちらのソルト用ジグヘッドシャッドテールです。

ソルト用ジグヘッドは220円商品、シャッドテールは110円で2本とダイソー釣具の中では割高に見えるこちらの商品。

一体何がそんなに凄いのかというと、巷で「シーバスのエサ」と呼ばれるルアーに非常に似ていること。

コアマンのVJというジグヘッドと、アルカリシャッドというワームの組み合わせは数多のシーバスを惑わせ、多くの釣果をもたらしてくれる伝説のルアーです。

しかしシーバスが非常によく釣れる反面、実売価格が1,540円とお財布に優しくないという弱点がありました…。

ところがこちらのダイソー釣具の新商品は、VJとアルカリシャッドに瓜二つなのにたったの330円で購入可能

ネットでは既に本家と遜色ない釣果が上がっており、安価で釣れることから各地のダイソーで品切れが続出しています!

ジグヘッドは16gと22gがありますが、沖堤防のように水深が深く遠投が必要な場所では22gがオススメです。

ワームはブルーとピンクがありますが、こちらはどちらも王道カラーなので両方買うと良いでしょう。

ルアー以外の釣具

ルアー用アイシール

ルアー以外にもダイソー釣具はたくさんありますが、中でもオススメなのがこちらのルアー用アイシール

ルアーは目玉が取れやすく、使っているといつの間にかなくなってしまうもの。

目玉がとれてしまったルアー
目玉がとれてしまったルアー

目玉が取れた状態では釣果が落ちると言われることもある重要なパーツなのです。

そんな目玉シールは釣具屋で購入すると200-400円程度する商品なのですが、ダイソーのルアー用アイシールはもちろん110円!

さらに品ぞろえも良く、サイズは4.5.6mmの3サイズ、カラーは赤、金、グローの3種類ありました。

実際に取り付けてみましたが、釣具屋のものと遜色ない自然な仕上がりに。

更にグローカラーは光を蓄えると暗闇で光る仕様になっており、ナイトゲームや深い所でも活躍しれくれそうです!

グローの目玉は売っていない釣具屋さんもあり、ダイソー釣具の勢いが止まりません…!

温野菜調理器具

最後に紹介するのが温野菜調理器具

中に野菜を入れてレンジでチンすると、温野菜が手軽に出来上がる商品です。

一見、全く釣りに関係のない商品に見えるのですが、実はとんでもなく便利な商品なんです!

容器が半透明の器と白いザルの2層になっているので、中にルアーを入れれば

簡単にルアーを丸洗いすることができます!

半透明の容器に水を張ってルアーをザブザブと洗い、半透明の容器からザルを引き上げてルアーの水を切るだけ。

釣りから帰った後は疲れているので、掃除に手間をかけたくありませんが、これなら簡単にできますよね。

釣行後に塩を落とすだけでルアーが錆びにくくなるので、ぜひ試してみて下さい!

今回は本当に便利なダイソー釣具を7つ紹介しました!

最近ますます釣具に力を入れているダイソーなので、また便利な新商品が出てきたら記事に取り上げたいと思います。

他にも釣りに関する情報を発信しているので、興味のある方はぜひ見てみて下さい。

今後も釣りに関する便利な情報やアイテムを紹介していきますので、気に入った方はプロフィールからフォローをお願いします!

フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。
フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。

またInstagramでは釣りのよりマニアックな情報を発信しているので、気になる人はInstagramも覗いてみて下さい!

シェア

いいね

コンテンツへの感想