タイトル画像

専門マスター

  • いいね

「諦めるしかない?」魚に根に潜られた時の対処法2選

なるフィッシュ

釣り情報メディア『釣りの知恵袋』

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

釣りに便利なアイテムや情報を紹介している「釣りの知恵袋」なるフィッシュです!

ルアーへの反応が良く、強い引きが魅力の根魚釣り

その引きの強さから、根に潜られてしまって魚を逃してしまった経験のある人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は根魚釣りの名人に魚が根に潜った際の対策について教えて頂いたので、こちらの内容をもとに紹介したいと思います!

今回教えて頂いた根魚釣りの名人 ゆーごさん
今回教えて頂いた根魚釣りの名人 ゆーごさん

根に潜られる前

まず大事なのが、魚を掛けた後の「即ゴリ巻き」。

魚が潜る前に底から浮かせることで、根に入るスキを与えないことが大事だということはご存知の方が多いのですが、ここでのポイントは「魚を浮かしきる」こと。

ゴリ巻きして浮かせたと思っていても、手前がカケアガリになっていたり、えぐれているポイントは、手前に寄せるほど魚を根に近づけることになります。

なので魚が水面に出るまでは気を抜かず、魚に主導権を与えないのが一番のポイントのようです。

根に潜られてしまった時

もし魚に潜られてしまった場合、NGなのが無理やり根から引き剥がそうとすること

魚はエラブタを開き、しっかり岩にひっかけて張り付いているので魚が小さかろうと、太いラインを使っていようと、無理やり根からはがそうとするのは良い選択ではないようです。

背ビレやエラブタを張っている様子
背ビレやエラブタを張っている様子

根に潜られてしまった時は、ラインを張らず緩めず、魚が動いたらわかるくらいのテンションをかけて、魚が動くのを待ちます。

魚が泳ぐ時はエラブタやヒレを閉じるので、障害物から引きはがせる状態になります。

魚が動いたタイミングが勝負のかけ時なので、岩へのラインの擦れ加減を考慮しながらテンションをかけて魚を引きずり出しましょう。

今回は魚が根に潜った時の対処法を2つ紹介しました!

根に潜られる前に対処するのが一番ですが、対策を知っておくと潜られた時にも落ち着いて対応できそうですね。

釣りをしている時に魚が根に潜った時には、ぜひ試してみて下さい!

他にも釣りに関する情報を発信しているので、興味のある方はぜひ見てみて下さい。

今後も釣りに関する便利な情報やアイテムを紹介していきますので、気に入った方はプロフィールからフォローをお願いします!

フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。
フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。

またInstagramでは釣りのよりマニアックな情報を発信しているので、気になる人はInstagramも覗いてみて下さい!

シェア

いいね

コンテンツへの感想