タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ルアー釣り】初心者こそタチウオから始めるべき5つの理由

なるフィッシュ

釣り情報メディア『釣りの知恵袋』

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

釣りに便利なアイテムや情報を紹介している「釣りの知恵袋」なるフィッシュです!

ルアーフィッシングを初めてする方にとって、デビューにピッタリの魚と言えば何を思い浮かべますか?

ブラックバス、シーバス、アジ、サバなどなどルアーで釣れる魚はたくさんいますが、僕が初心者の方にお勧めするなら迷わずタチウオをオススメします。

今回は「なぜルアー初心者がタチウオから始めるべきか」の理由について紹介したいと思います!

理由その① ルアーへの反応が非常に良いこと

オススメする理由の1つめがルアーへの反応が非常に良いこと。

タチウオは非常に獰猛なフィッシュイーターで、その場にタチウオがいれば目の前にルアーを通すだけで食ってくるといわれるほど。

難しい操作やテクニックは不要で、初心者の方でもタイミングが合えば簡単に釣り上げることができます。

理由その② スレた魚が少ない

同じ魚がルアーを何度も見てルアーへの反応が悪くなった状態のことを「スレる」と言いますが、タチウオはブラックバスやシーバスなどの魚に比べスレた魚が少ないと言われています。

というのもタチウオは広い海を回遊していてルアーを何度も見る機会が少ないことや、ブラックバスなどに比べてリリースされにくいことからルアーで釣られた経験のある魚が少ないと言われています。

スレた魚を釣るのは同じ魚でも難易度が跳ね上がるので、スレた魚の少ないタチウオは狙いやすい魚と言えます。

理由その③ 場所が絞りやすい

ルアーに関わらず、釣果を左右する大きな要素である場所選び。

当然魚が釣れるところで釣りをしないといけないのですが、釣れる場所選びが難しかったりします。

ですがタチウオなら釣れる場所を見つけるのが他の魚よりも簡単なんです!

タチウオは超人気ターゲットなので、釣果情報がネットで出回りやすいですし、シーズンになればたくさんの人が集まります

9-12月の夕方以降に釣り場に行って、たくさんの方がケミホタルのルアーを投げていればその場所でタチウオが釣れる可能性が高いでしょう。

その④ 時間帯が絞りやすい

理由の4つめが時間帯を絞りやすいこと。

タチウオは釣れる時間帯が他の魚よりも短いと言われていますが、裏を返すと釣れる時間帯が絞りやすいということ。

特に日没前後の1時間が勝負の時と言われているので、この時間帯は特に集中して狙ってみましょう。

また深夜になるとルアーへの反応が悪くなるので、僕は夜10時までには撤退するようにしています。

その⑤レンジが合わせやすい

最後に紹介する理由がレンジを合わせやすいということ。

ルアーフィッシングでは魚が泳いでいる深さにルアーを届けることが重要になってきますが、タチウオは中層~表層にいることが多いのでレンジを絞りやすいという特徴があります。

底まで丁寧に探る必要がないため、まずは表層からルアーを泳がせて反応がなければ徐々に深いところを攻めてみましょう。

今回はルアー初心者の方にタチウオがピッタリな理由について紹介しました!

過去の記事でタチウオにオススメのルアーを紹介しているので、興味がある方はぜひチェックしてみて下さい。

今後も釣りに関する便利な情報やアイテムを紹介していきますので、気に入った方はプロフィールからフォローをお願いします!

フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。
フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。

またInstagramでは釣りのよりマニアックな情報を発信しているので、気になる人はInstagramも覗いてみて下さい!

シェア

いいね

コンテンツへの感想