タイトル画像

専門マスター

  • いいね

自分だけ釣れない…ルアー初心者にありがちなNG行為4選

なるフィッシュ

釣り情報メディア『釣りの知恵袋』

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

釣りに便利なアイテムや情報を紹介している「釣りの知恵袋」なるフィッシュです!

エサ釣りをしている人や、これからルアーを始める人にとって、ルアーで魚を釣るというのはなんだか難しいイメージがありますよね?

そんな時、ルアー初心者の方がついついやってしまいがちだけど、ルアーで魚を釣るなら避けたほうが良い行為がいくつかあります。

今回はそんなルアー初心者にありがちなNG行為を4つ紹介したいと思います!

①エサ釣りしながらルアー

1つめのNG行為はエサ釣りの方でありがちな、置き竿をしながらルアーを投げるという釣り方。

実は僕もエサ釣りから入ったのでやっていたのですが、結局のところエサ釣りもルアーも中途半端になって両方ダメなことが多かったです。

ルアーは「足で稼げ」と言われる程、釣れない時の場所移動は重要になるのですが、置き竿をすることでフットワークが重くなり釣れなくなってしまいます。

またポイント選びもどっちつかずになることなど、両方狙っていい思いをしたことがありません。

エサ釣りがメインでルアーはおまけと割り切るなら良いと思いますが、ルアーで魚が釣りたいならルアーに専念することをオススメします。

②同じルアーを投げ続ける

続いてよくありがちなのが同じルアーを投げ続けること。

魚が釣れている時は良いのですが、釣れない時は投げて巻いての単調な作業になりがちでルアーを変えることすら面倒になってしまいますよね?

ですが魚が釣れない時は何かしら理由があるので、深さや色、ルアーの大きさといった変化をつけたいところ。

同じコースを通したとしてもルアーのサイズを小さくしたら1投で食ってきたなんてこともあるので、釣れない時は同じルアーを投げ続けずに積極的に変えてみましょう。

⓷水際に立つ

いきなり水際に立つ行為もルアーをするなら避けたほうが良い行為です。

ルアーはサビキなどのエサを撒いて魚を寄せる釣りとは違うため、近くにいる魚を散らせないことが非常に大事。

また岸際は魚にとって身を隠すのに便利なストラクチャーになりやすいのですが、岸際に立つとすぐに逃げてしまいます。

まずは岸から5m以上離れて、岸際を丁寧に探るのがオススメです。

④短時間で諦める

今回、一番大事なポイントが「短時間で諦めないこと」かもしれません…!

僕も過去にある湖で5時間粘って釣れなかったという話を先輩釣り人にしたところ「たったの5時間で帰ってきたのか」と驚かれたことがあります。

自分より上手い人がもっと長い時間やっているのかと思い、次回以降は10時間粘ることにしたところ、ボウズ率が下がりました。

ムダが多いやり方かもしれませんが、量をこなすことでわかることも多いので、特にルアーを始めたての人は時間が許す限り粘ってみることをオススメします。

今回はルアー初心者にありがちなNG行為を4つ紹介しました!

釣りの楽しみ方は様々で「このルアーで釣りたい」「餌釣りもルアーも同時に楽しみたい」という考え方も当然アリだと思います。

ですがもし、ルアーで魚が釣れずに困っている方はぜひ今回紹介した内容を参考にしてみて下さい!

他にも釣りに関する情報を発信しているので、興味のある方はぜひ見てみて下さい。

今後も釣りに関する便利な情報やアイテムを紹介していきますので、気に入った方はプロフィールからフォローをお願いします!

フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。
フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。

またInstagramでは釣りのよりマニアックな情報を発信しているので、気になる人はInstagramも覗いてみて下さい!

シェア

いいね

コンテンツへの感想