タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【初心者必見】リールのメンテナンスで揃えるべきアイテム5選

なるフィッシュ

釣り情報メディア『釣りの知恵袋』

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

釣りに便利なアイテムや情報を紹介している「釣りの知恵袋」なるフィッシュです!

冬は魚の活性も低く、オフシーズンにしている人も少なくない季節。

ですが来るべき次のシーズンに備えて、釣り具のメンテナンスをしておくとシーズンが始まった時に心地よくスタートすることができます!

そこで今回は、リールのメンテナンスを行うにあたり揃えておくべきアイテムを5つ紹介したいと思います!

①グリス&オイル

リールのメンテナンスにおいて欠かせないのがグリスとオイル

オイルやリールは部品の滑りを良くしたり、摩擦から守ってくれたりしますが、長く使っていると流れてしまったり酸化したりしてパフォーマンスが下がってしまいます。

月1回程度を目安にオイルやグリスの差し直しを行いましょう。

何を使用すれば良いかわからない方は、釣具屋にグリスとオイルのセットが売られているのでそちらを購入すれば間違いないです!

またダイワやシマノからそれぞれオイルとグリスが売られていますが、ダイワのグリスをシマノのリールに使っても問題なかったのでメーカーはそれほど気にしなくてよいと思います。

②パーツクリーナー

パーツクリーナーは古いグリスやオイルを洗い流す時に使用します。

使用時には換気に気を付けて行うようにしましょう。

ホームセンターで300円程度で売っているので、釣具屋で買うよりもお得です。

③ドライバー

ドライバーはリールを分解するときに使用します。

リールのサイズに合わせて購入するようにしましょう。

僕は100均で購入したドライバーセットを使用しています。

④ピンセット

あると非常に便利なのがピンセット。

リールを分解すると非常に小さいネジなどの部品が出てきますが、それらを慎重に扱わないと落として紛失した場合に組み立てられなくなります。

こちらも100均で十分なので、揃えておくようにしましょう。

⑤PEラインコーティングスプレー

オイルやグリスを注したあと、仕上げのPEラインのコーティングに使用します。

コーティングでラインの滑りが良くなることで、ラインの絡まりを抑えたり、摩擦を減らしてPEラインの持ちを良くしたりすることができます。

今回はリールのメンテナンスで揃えておくべきアイテムを5紹介しました!

オイルやグリスを注しなおすだけでも巻き心地が軽くなって快適になるので、気になる方はぜひメンテナンスしてみてください!

リールのメンテナンス方法については下の記事で紹介しているので、気になる方はぜひご覧下さい。

今後も釣りに関する便利な情報やアイテムを紹介していきますので、気に入った方はプロフィールからフォローをお願いします!

フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。
フォローすると今後も便利な情報を受け取ることができます。

Twitterでは記事の更新情報や魚に関する豆知識を紹介しているので、ぜひTwitterをチェックしてみて下さい。

またInstagramでは釣りのよりマニアックな情報を発信しているので、気になる人はInstagramも覗いてみて下さい!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想