How to

【お悩みは色補正でカバーしよう!】優秀プチプラアイテム

夏瀬ゆうな

メイクアップアーティスト/インフルエンサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

赤み、くすみ、クマ、足りない透明感など
まだ重いコンシーラーや厚塗りファンデーションでカバーしていませんか?
どんなにしっかりカバーできていても、厚塗り感がありナチュラルでなかったら意味はなし。
カバーコンシーラーは最終兵器です。
できる限りコンシーラーが少量で済む様に『色』で補正していきましょう。
メイクではとても重要な色相環。
円形の輪っかで色がレインボーの様に並んでいる図を一度は見た事あると思います。
それが色相環です。
名前で聞くととっても難しそうな名前ですがネットで調べるとすぐにその図が出でくるのでぜひ調べてみてください。
話を戻しますがこの色相環。先ほども記載した通りレインボーの様に色が円形に並んでいます。
例えば赤の色。赤色から円形のちょうど反対側の場所には緑色があります。
これを反対色といいます。この反対色でお悩みをカバーできるのです。
これをメイクに活かされたものがコントロールカラーというアイテム!
通常肌色の下地やコンシーラーに色がついたものです。
今回の動画では緑色の下地を使い頰の赤みを消しました。
そう、反対色でカバーしました。

この様に色でかなりカバー出来るのです。
下地の時点である程度カバー出来ていればそのあとのファンデーションで完全にカバー完了する可能性もあります。
ファンデーションを塗ったけどまだ気になるな、、、という時に最終兵器のコンシーラーの使いましょう。
(パウダーファンデーションの方は下地の後、ファンデーションを塗る前にコンシーラーを使用してください)

動画を見てぜひこれからのメイクに役立ててもらえると嬉しいです。

…続きを読む