How to

  • いいね

夏に向けて全身をスッキリさせたい時の【ダイエットヨガ&エクササイズ3選】

NATTY

ヨガインストラクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

zみなさん長いお家時間で、体重が増えってしまったり、運動不足になってはいませんか?
今回ヨガインストラクターのNATTYが、夏に向けて全身をスッキリさせたい時にオススメのヨガ&エクササイズをご紹介していきます!

呼吸とともに全身の筋肉をしっかり使い、血行促進や代謝アップ、そして痩せやすい身体を目指し全身をしっかり動かしていきましょう。
身体の調子と相談しながら是非やってみてくださいね。

【やり方】
1:膝立ちになり腰幅程度に開く
2:左足を大きく一歩前に出す
3:両手を上げながら息を吸い背骨を伸ばし吐く呼吸で腰を落とし左足に踏み込む
※ここで左のかかとの上に膝が来るように右足の位置を調整する
4:吐く呼吸とともに左手を後ろに伸ばし、上半身を左に捻り目線を後ろに向ける
5:吸う呼吸で捻りを解き両手を上げる
6:3〜5回程度、呼吸に合わせて行う
7:胸の前で手を合わせ、息を吸いながら背骨を伸ばし、吐く呼吸で深く左に捻り右の肘を左の膝の外側にかけ、合掌の手は胸の中心に合わせる
8:数呼吸し、捻りを解きながら両手を耳の横へのばす
9:手の指先から後ろ足のかかとまで身体を真っ直ぐ伸ばし、余裕があれば後ろ足の膝を持ち上げる
10:数呼吸し、ポーズを解き反対の足も同様に行う

【やり方】
1:肩の下に手を置き、足の付け根の下に膝を置き、腰幅に足を開く
※足のつま先は立てても、寝かせておいてもOK
2:右足を後ろに伸ばし、つま先は下に向け、かかとを後ろに押し出す
3:お尻の高さは変えずに右足かかとを更に上に引き上げ、息を吸う
4:吐く息とともに右膝を胸、額に近付け、顔も膝の方へ寄せる
5:呼吸に合わせて繰り返す(5〜10回程度)
※足を上げる時はお尻の筋肉をしっかり使いかかとを上に押す
※引き寄せる時はお腹を背中に押し上げお腹の筋肉を意識する
6:反対の足も同様に行う

【やり方】
1:両足を揃えて立ち胸の前で手を合わせる
2:吸いながら手を頭上に上げ目線は手の指先へ
3:吐く息で深く前屈する(膝を曲げてもOK)
4:吸う息で手をスネに当て背中を伸ばし目線を前に向ける
5:吐く息で足を後ろに引きプランクになる
6:吸いながら背中を伸ばし、吐く息で膝胸顎の順で身体を下ろす
7:吸いながら身体を前にスライドさせ胸を引き上げ足の甲でも床を押す
8:吐く息でお尻を後ろに引きダウンドック(膝を曲げててもOK)
9:骨盤を平行にしたまま右足を持ち上げる
10:右足を手の間につき、左足を45度外に向けかかとを下ろす
11:身体を起こし両手を耳の横へ、吐く息で右膝を曲げ、腰を落とす
12:両手を横に広げ右手の指先をみて、右足の膝がつま先より前に出ないようにする
13:右膝を伸ばし、身体を右に倒し右手を足に、左手を上げる
14:胸を引き上げ、左の腰骨を上に向け、体側を伸ばす
15:左手を下ろし左足を一歩前に置き、背中を真っ直ぐに、吐く息で前屈する
16:両手を足の横に下ろしお尻を後ろに引きダウンドックに戻る
17:反対の足も同様に行う
18:ダウンドックに戻り、身体を前にシフトし背中を真っ直ぐに
19:吐く息で肘を90度に曲げ上体を真っ直ぐ落とす(難しければお腹を下ろしても良い)
20:吸う息で肘を伸ばし胸を引き上げ足の甲で床を押し膝を浮かせアップドック
21:吐く息でダウンドックに戻る
22:両足を手の間に歩かせ、息を吸い目線を前に背中を伸ばす
23:吐く息で前屈する
24:吸う息で頭上で手を合わせる
25:吐く息で胸の前に下ろしポーズを解放する

まとめ

いかがでしたか?
それぞれ一つの動画の中に色々な動きが入っているので、まずお好きなポーズ、動きだけ行ってあげてもOK!慣れてきたら呼吸に合わせて行ってみてくださいね。

続けることで、体にも心にも少しずつ変化がでてくるはず。
自分の体調と相談しながら、できる範囲でチャレンジしてみてくださいね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想