タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

HONDAの最高峰の大型バイク『CBR1000RR-R』が凄すぎるから見てwww

ねこかず

バイク系YouTuber(モトブロガー)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!クリックしてくれてありがとう!ねこかずだよ。

早速ご紹介させていただきます。

HONDAが誇る最高峰のバイク『CBR1000RR-R』
HONDAが誇る最高峰のバイク『CBR1000RR-R』

CBR1000RR-Rです!

HONDAが販売している最新リッターSSです。

こちらの開発コンセプトが

“Total Control” for the Track サーキットで本領発揮するマシン

サーキットで勝つためのバイク。

メインステージはサーキット。そんなRR‐Rは、エンジンからシャシーまで全て新開発です!

新設計で本気のマシン、それがCBR1000RR-R
新設計で本気のマシン、それがCBR1000RR-R

CBR1000RRの初代が「SC57」センターアップのマフラーが特徴的でした。

2008年9月の初のフルモデルチェンジで2代目「SC59」

2017年3月の2回目のフルモデルチェンジで3代目「SC77」

そして今回のフルモデルチェンジで4代目「SC82」となったCBR。

ここまで色々な改良や試行錯誤が行われ、高強度アルミ鍛造ピストンやチタンコンロッドなどの超豪華装備が搭載され今回のCBRは車体重量で201キロ!

馬力に関しては218馬力!と国産リッターSSの中でも最高峰の出力での登場です!

純正でカスタムマフラーが搭載!
純正でカスタムマフラーが搭載!

マフラーは純正状態で"AKRAPOVIC"のチタンマフラーが純正採用!HONDAの本気度合いが伺えます!

新型CBR1000RR-R(SC82)とCBR900RR(SC28)
新型CBR1000RR-R(SC82)とCBR900RR(SC28)

そして、2022年でマイナーチェンジ版を販売!エンジンに関しては、中速域における加速性能の向上を狙って吸気ポート形状を改良。

スプロケットを40丁→43丁へ変更を行い、ギア比をショート化。これにより、街中やサーキットでも扱いやすくなってます!

更にSPモデルでは"CBR"の初代である、CBR900RR(SC28)のカラーリングを模して新発売!

これは新型と当時のコラボレーションで超かっこいい!

YouTubeにてこのCBR1000RR-Rを全開走行してみました!

↓から見ることが出来るので気になった方はみてみてください!

クローズドコースでも試乗しました!↓

それではまた!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想