タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【福山市】気軽に音楽が楽しめる老舗のジャズバー「JAZZ SPOT DUO」

ねこのこてつ

地域情報発信ライター(福山市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

創業1976年、福山駅南口から歩いて3分!の老舗ジャズスポット・デュオ。地元でジャズファンのホームとして愛されて続け、国内外のプロミュージシャンも出演してきた名店。一人でも仲間とでも音楽好きが気軽に集ってレコード鑑賞や生ジャズが聴ける、プロアマ・年齢・経験を問わず交流の場を培ってきました。今年で46周年を迎える「ホットな場所」伺ってみました。

お店に近づくにつれ薄明りの2階から音楽が聞こえてきます。音が途切れたので「あら、生演奏だったの?」と分かります。お店に入る前から「楽しみと緊張」を感じることができる場所もそう多くはなく、これからの期待に心地よさを感じます。
「この看板が目印なのよね(^^♪懐かしいわ~」

今回訪れるのは2年ぶりですが、以前代表の桑田さんのピアノがとてもやさしく心地よく私を迎えてくれたのを覚えています。その時とても私自身癒されましたので再訪です。

デュオは曜日によってイベントがあります。土曜日は上級者セッション、日曜日は初心者OKノリノリの自由参加セッションとなっていて、私が訪れた金曜日はピアノとボーカルセッションの日でした。

店内では、ジャズピアニスト山本博之さんをお招きし、今にも曲が始まろうとしていました。名曲ボサノバ「イパネマの娘」です。店内は今から始る瞬間の緊張感でおおわれています。私は息をのむ事も忘れ、静かに席に着きます。

ボーカルの一挙手にメンバーの視線が集中され、始まりの「呼吸」が聞こえてくるようです。こんなに1音にこだわって演奏をするのかと思いながら、これから始まるメロディーに期待が膨らみます。ボーカルの合図により始まった音楽は、音の強弱やテンポを感じながらその場限りのセッションを自由に楽しんでいきます。

「注文は何にいたしますか?」曲の終わりを見計らうようなオーダーに、「絶妙なタイミングだわ」とうなずきながら私はコーヒーを注文。

ジャズの魅力に取りつかれ、約13年目になる浅野勢津子さんは「サテンドール」を披露。「同じミュージシャンが演奏しても、その場のムードで今日と明日で全く違う音を楽しむことができる」とジャズの魅力を語っていただきました。

その言葉を実感できたのはベースのイントロ部分。

静かにベースソロからボーカルへと会話が続くのですが、ピアニスト山本さんの一言。「もっと想像して1本のベースでも複数の音の表現でボーカルに渡してください」
「???えっ日本語がわからない?」
この後、時間にして10数秒ほど苦悩の表情にも見えた想像を働かせた後、劇的にイントロ部分が変わりました。その場全員で作り上げる音楽を肌で感じる瞬間でした。想像力が音楽の多様性を広げ出会えた瞬間に幸せを感じます。楽器を持たない私ですが、一緒にステージライトに照らされたように音楽を楽しんでいました。

先代のご両親が亡くなられた後、店を引き継いだ2代目代表の桑田さんは、「とにかく気軽にジャズを楽しんでほしい。音楽が好きでも一時的に仕事や子育てで距離を置くことはあります。それでも小さな楽しみの積み重ねこそ大切にしていただき、振り返った時に音楽が豊かな日常生活の糧となりますように」とお話いただきました。

代表の桑田さんが生まれる前からお店に来られるお客さんも多く、「福山の歴史を一緒に積み上げてきたんだなあ」、そんな人の絆を感じる「JAZZ SPOT DUO」、CD音源では決して感じることのできない「生演奏」ならではの魅力を発信し続けます。

一期一会の世界を感じながらも、肌寒い夜風が心地よい帰路となりました。

住所:福山市伏見町1-9 今福ビル2F
営業時間:19:00~0:00(イベントのない日はジャズバーを営業)
※但し1/9~1/31はまん延防止法適用のため20:00までの時短営業。
定休日:木曜日
電話番号:084-923-5727
駐車場:なし

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想