タイトル画像

【葛飾区】昭和とウィーンとサインがいっぱい!? ちょっと不思議な、柴又 TORAsan cafe

ねこらーまん

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都葛飾区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

柴又と言えば、帝釈天に「男はつらいよ」と、やっぱりイメージは「和」ですよね。

が、そんな柴又でヨーロピアンな気分を堪能できる場所があるってご存じでしたか?

それがこちら、「TORAsan cafe」です!

TORAsan cafeは、京成柴又駅から少し歩いた「寅さん記念館」に併設された喫茶店。

記念館や近くの山本亭、矢切の渡しを眺める江戸川沿いを散策した後、ほっと一息つくのにぴったりの場所です。もちろん、寅さん記念館に入らずにカフェのみの利用もOKです。

TORAsan cafeはサインプレートミュージアム!?

さっそく店内へ…と、壁を見てびっくり!!

記念館側のドアを入るとそこには、ずらりと並んだサインプレートが!

こちらを訪れた有名人の方々の直筆サインプレートですね~。さながらサインプレート美術館。

タレントさんに俳優さん、あ、こんな方々も!

カールスモーキー石井さんはじめ、米米CLUBのメンバー総勢9名のサインプレート!

この柴又でショートムービーを撮影されていたんですね。

柴又にゆかりのある方のサインプレート、ぜひ探しに来てみてください。

お宝発見できるかもですよ~♪

寅さんが結んだウィーンとの縁

さて、店内はこんな感じ…まるでヨーロッパのどこかに来たような、柴又の「和」の雰囲気からはガラリと様変わりしています。

寅さん記念館に併設のカフェなのに、いったいどうしてヨーロピアン?

それは寅さんが結んでくれたご縁があるからなんですよ♪

遠く離れたオーストリア、ウィーン市フロリズドルフ区は、葛飾区と友好都市の関係にありますが、そのきっかけはなんと寅さん。

葛飾区史にはこのように書かれています。

「寅さん」がつないだ縁
葛飾区とオーストリア共和国のウィーン市フロリズドルフ区は友好都市になっていますが、きっかけは映画「男はつらいよ」でした。日本への飛行機の中で映画を見たウィーン市長が、葛飾の風景や人情がウィーンと似ていることから交流を希望したのです。(葛飾区史ホームページより引用)

えええ~そうなんだ!

葛飾区とウィーン…何だか似ても似つかないような気がしていましたが、風景や人情でつながるところがあったなんて、不思議ですね~。

そうしたご縁で、「寅さん」映画シリーズ第41作「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」では、寅さん自身もウィーンへ旅立っているんですよ。

さて、いろんなものに心を奪われているうちに小腹が空いてきましたね(笑)。

TORAsan cafeは寅さんラテアートを始め、こだわりのサイフォンコーヒーなどオリジナルドリンク、ソフトクリームやケーキなどのデザートはもちろん、軽食も楽しめます。

時間はちょうどお昼過ぎ。やっぱりここはデザートの口ではないな…はい、チキンを挟んだフォカッチャをいただきましたよ♪

軽食メニューの「昔なつかしのナポリタン」は、ランチにわざわざやってくるファンもいるんだとか。

寅さん記念館のオマケと決して侮ってはいけないこちらのカフェ、落ち着いたヨーロッパの雰囲気の中でくつろぎながら、ちょっとした小旅行気分で出かけてみませんか♪

TORAsan cafe

TORAsan cafe

所在地 〒125-0052 東京都葛飾区柴又6丁目22

利用時間 9:00~17:00(ラストオーダー 16:30)

休館日 第3火曜日(ただし第3火曜日が祝日・休日の場合は、直後の平日)

    及び12月第3火・水・木曜日も休館 ※年末年始は営業

シェア

いいね

コンテンツへの感想