タイトル画像

【葛飾区】食卓でたのしむ世界の味! ラザニアと世界の料理「ロカンタ」

ねこらーまん

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都葛飾区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

生活様式の変化に合わせて、街中に一気にテイクアウトのお店が増えましたよね。

「テイクアウトと言えばお弁当」が当たり前だった一昔前と違い、最近のテイクアウトのお店は個性あふれるお店ばかり。

レストランでしか食べられないようなお料理がお家でいただける、それがいまのテイクアウトの最大の魅力かもしれませんね。

そんなお店の一つに、お邪魔してきましたよ♪

世界のお料理を食卓で 高砂「ロカンタ」さん

さて、この日自転車を飛ばしてやって来たのは高砂!

おっ、かわいい看板が♪ ウッドのモザイクがすてきな店構えに、ランプが灯るこちらのお店。今日のランチはこちらのテイクアウトと心に決めてやってきました!

2021年5月高砂にオープンした「ラザニアと世界の料理 ロカンタ」さん。

オープン以来、そのお料理のファンが続々と増えている、話題のテイクアウト専門店です。お店の名前「ロカンタ」は、トルコ語で「食堂」という意味なんだとか。

「ラザニアと世界の料理」って、これまでなら間違いなくレストランのうたい文句ですよね。そんなロカンタさんのショーケースは、こんな感じ♪

わぁ~なんだか優しい色合いのお料理が並んでますね。オーナーさんの雰囲気が、そのままお料理になってるみたいです。

月替わりのスペシャルメニューで世界のお料理

さて、ロカンタさんの「世界の料理」は月替わりでスペシャルメニューが。

10月のスペシャルメニューはタイ料理の「鶏肉のラープ」。

鶏肉のミンチをたっぷりのハーブで和え、香り豊かなジャスミンライスと一緒にいただくお料理だそうです。サラダ感覚でいただけますよ~とオーナーさんがにっこり。もう聞いてるだけで美味しいです!

看板メニュー「ラザニア」のひみつ きっかけはみんなの「おいしい!」から

ところで、ずっと気になっていたことが。まだ開店間もないこの時間、お客さんのいない隙にちょこっとお話を伺ってみましょう。

お話してくださったのは、オーナーの岩本さん。お料理はすべて岩本さんの手作りですよ。

墨田区で「墨田長屋」というゲストハウスを運営されている岩本さん。コロナ禍で現在は土日祝のみの営業となっているそうですが、そんな折、お知り合いだったビルのオーナーさんから「場所が空いたから何かやらない?」と声をかけられたんだとか。

「どこかで修業したとか、勤めていたというわけではないんですが、料理は好きでずっと作っていました。そんな中で、自分が何かを出すならみんなが「おいしい!」って言ってくれる『ラザニア』だと。」

なるほど! それでラザニアだったのかぁ~…そうです、そこが聞きたかったんです(笑)。

ロカンタさんのラザニアは「私ならコレ」という確固たる武器であり、それはみなさんの「おいしい!」の言葉から生まれたんですね。

お料理のお話をする岩本さん、とっても生き生きしてらっしゃいました♪

お家でいただくロカンタさんのラザニア

そんなわけで本日のランチは、ロカンタさんのラザニア!

ラザニアは一切れずつ、こちらのパックに入っています。ちゃんと温め方を書いてくれていますね~。意外と失敗しやすいレンジアップは「きちんと指示通りに」が失敗しないコツです。書いてある通り容器のまま、レンジへGO!

さ~準備はOK。サラダとラザニアのセット、950円です♪ セットのサラダは彩鮮やかな「人参とオレンジのサラダ」と、プチプチのもち麦が美味しい「もち麦とレンコンのサラダ」の2種類です。どちらも優しいお味で、さわやかな酸味がラザニアと一緒にいただくのにぴったりですよ。

そしてメインは、ミートソースたっぷりのこんがりラザニア!

パクっと一口いただくと、複雑でふくよかな香りが口いっぱいに広がります…これは、いろんなスパイスの風味が重なり合ってるのかな!? めちゃくちゃおいしい~!

良い意味で期待を裏切るロカンタさんのラザニア、たぶん想像したお味と全然違いますよ。ぜひ一度、食べてみていただきたいです!

ラザニアと世界の料理 ロカンタ

所在地: 〒125-0054 東京都葛飾区高砂8丁目26−1 ADD-LIVE 1F
営業時間:11時~14時(売り切れ次第終了)
定休日:土、日、月曜・祝日

シェア

いいね

コンテンツへの感想