タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【葛飾区】うわさのダーニング初体験! 東四つ木「ミンナブンナ」で開催のワークショップレポート

ねこらーまん

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都葛飾区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさん、いきなりですが「ダーニング」ってご存じですか?

ダーニング(darning)」は、虫喰いや擦り切れたりほつれてできた衣類の穴・傷を修繕するイギリス発祥のソーイング技術なんです。

が、ただ補修するだけでなく、そこに装飾的な刺しゅうを施すなどして衣服のデザイン性そのものをUP! キズを目立たなくするのではなく、それを活かして別のものに進化させようという、遊び心がダーニングの魅力。

そのデザイン性の高さや自由度が注目され、いまやソーイング界のプチブームになっているんですよ。

実はねこらーまん、以前からダーニングにはすっごく興味がありました…ある日「東四つ木でワークショップがある」という情報をゲット。さっそくコンタクトを取り、参加させていただくことに。その一部始終をご報告いたします!

イギリスのエシカルな知恵 ダーニングを初体験

こんにちは~…とお邪魔すると、すでに作業場は布と針と糸のパラダイス。

縫製の仕事をされている方、趣味の刺繍歴○○年というベテランの方などが、おしゃべりしながら楽しそうに針を動かしていらっしゃいました。

こんなみなさんとご一緒に、ねこらーまんも初めてのダーニングです!

勧めていただいたのは、グラデーションカラーの糸。これ、和裁の「刺し子」用の糸なんですって!

「これだと、ただ縫うだけでデザインになるし、どういう色が出てくるか予想がつかないので、面白いですよ。」と。

なるほど、デザインには自信がないので、色だけで遊び心が出せるのはめちゃくちゃ助かります。

ほか、ダーニングで使うのは一般的な刺繍糸など。存在感のある糸をこのように使うそうです。

こちらはベテランさんのダーニングのお手本。基本的には、穴の開いたところをこのように布を織るようにして埋めていくんですね。

こちらは刺繍枠を使われていますが、基本は「ダーニングマッシュルーム」という丸みのある土台に布をかぶせて縫うそうです。

「袖周りとか、立体的になっている部分のダーニングは丸みのある土台を使うとよいですが、そうでないところだったら刺繍枠とか、それもなければ平らなテーブルの上なんかでも大丈夫ですよ。」

と、教えていただきました。ちなみに専用の道具も最近では手芸用品店で簡単に手に入るそうですよ。

手をかけるほど愛着が生まれる…「大切」を感じられるひと針

黙々と…ではなく、にぎやかにお喋りをしながらの作業。

なんだか、「イギリスのママたちはこうやってわいわい楽しくみんなで針仕事してたのかしら♪」なんて想像が膨らんじゃいました(笑)。

そして、みなさんの作品発表会です。

膝が破れたGパン。下にカラフルな布をつけて、穴をふさぐようにダーニングを施されています。「逆にもっと破れを大きくして、下布を見せても面白いですよね~」なんてアツい意見交換が行われます。

こちらは「え、普通それもう履くのあきらめますよね??」という、おしりの部分で完全に分断されたGパン!

「裏に布を足したら逆に裂け目が目立ってしまって。なのでダーニングを重ねて目立たなくしようかと(笑)。」ですって。サイズ感がちょうど良くて捨てるに捨てられない…という愛着ある1本なんだそうです。すてきだなぁ♪

そしてねこらーまんのシャツはこうなりました。

この、ボタンのとれた前立ての部分ですね。そして末広がりに、お花を散らすように縫ってみました。

これ、完全にグラデーション糸のおかげですが、ちょっとかわいくないですか(自画自賛)?

つたないながらも「自分で縫った」という満足感と愛着がじわじわと…。そろそろ捨てようかな? とか思っていたシャツなのに、「これ着てあそこ行こうかな」なんて気持ちが、久しぶりに沸き上がりました!

「モノを大切にする」という考え方が基盤にあるダーニング。

でもそれだけでなく、ひと針ひと針思い思いのデザインを自分で施すことで「また着よう」「ずっと着たい」という、服やモノへの「特別感」を生みだす…ダーニングって、そういう作業なのだな~と、ねこらーまんひしひしと感じました!

地域交流の拠点へ…コミュティスペース「ミンナブンナ」

さて、今回このワークショップを開かれた東四つ木の「ミンナブンナ」さん。

実はよく知らずにお邪魔したのですが、聞けば聞くほど興味深い団体さんでした。片手間で説明するには濃すぎる内容(笑)でしたので、後日あらためて「ミンナブンナ」さんの活動をご紹介させていただきますね。

ミンナブンナさん、ステキな時間を過ごさせていただきありがとうございました!

ミンナブンナ

問合せ先:Instagramアカウント

     Facebookページ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。