タイトル画像

主役はこどもたち! 麻生区で「SDGs推進隊」を大募集(川崎市麻生区)

ねこさとP

ライター&エディター/ロコっち新百合ヶ丘編集長(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2019年2月、川崎市が SDGs未来都市 に選定され、ここ川崎でも様々な場所でSDGs(エスディージーズ)という言葉を耳にすることが増えてきました。

最近ではテレビ番組で特集が組まれるなど、SDGsがより身近になってきたのを感じる方も多いと思います。

そんな中、SDGsの達成に向けて取り組む企業・団体を登録する「かわさきSDGsパートナー」 と、認証する「かわさきSDGsゴールドパートナー」を川崎市が募集。

麻生区からも多くの企業や団体が登録・認証され、それぞれが活動をスタートさせつつあります。

私が所属する市民団体「あさおのSDGs」もその中のひとつで、こどもたちによる「麻生区SDGs推進隊」の募集がスタートしました。今回はその情報をお届けしつつ、その前に「SDGsって本当のところよく分からない…」という方に向けて、簡単にですがSDGsのいろはをお伝えしたいと思います。

そもそもSDGsって何?

「SDGs」とはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称のこと。読みは「エスディージーズ」
2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟193国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。
〜略〜
全部で17の目標に対し、ターゲットは169個。だいたい一つのゴールに10個ずつターゲットがあると思ってください。

「Glocal Act」SDGs解説より引用

17の目標という言葉が出てきましたが、では、どんなことが目標に掲げられているかというと…。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

17の目標だけ見ると結局はよく分かりませんが(笑)、普段から何気なくしていたことが実はSDGsの一環だったということがよくあります。

例えば我が家の場合、ミックスペーパーの分別を当たり前のように行っているのですが、これは「12.つくる責任 つかう責任」の中にあるターゲット「2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。」にあたるんですよね。

我が家から出た1週間分の紙。毎回大きめの紙袋がいっぱいになるほど。
我が家から出た1週間分の紙。毎回大きめの紙袋がいっぱいになるほど。

コロナ禍の影響でお家の中を片付ける人が増え、ヤフオクやメルカリに使わなくなった物を出品する人が増えたという話をよく聞きますが、これも同じく「12.つくる責任 つかう責任」にあたります。

17の目標の中には、意識的に物事を行わないと達成できない目標ももちろんありますが、“自然にやっていた”ということもたくさんあり、私たち一般市民は無理して「よし! 達成してやろうじゃないか!」と意気込まなくても、出来ることからやっていけばいいのではないかと個人的には思っています。

そういう意味では今回の「かわさきSDGsパートナー」はとても有意義な制度で、「こどもが学校でSDGsを習ったと言っているけど、親の私はよく分からない」という方や、「自分も何かしたいけど、何から始めればいいのかな」という方にとって、ひとつのキッカケになるのではないでしょうか?

と、ここまで前置きが長くなりましたが(笑)、最後に「あさおのSDGs」の紹介と、「麻生区SDGs推進隊」メンバー募集のお知らせをさせてください。

あさおのSDGs紹介

SDGsアクセラレーターである「SDGsおじさん」こと麻生区在住の今井雄也さんをはじめとした男女8名で2020年に結成(今井さんに関する記事はこちら)。

こちらの7人に、今回チラシのイラストを描いてくれた天才画伯が加わり、計8名で活動中です。
こちらの7人に、今回チラシのイラストを描いてくれた天才画伯が加わり、計8名で活動中です。

昨年11月には王禅寺ふるさと公園近くの四ツ田緑地で開催された「四ツ田の森でわんぱくしよ!」に参加し、SDGs残材を使ったバッヂ作りを行いました。

思い思いの色を使ってバッヂを塗っていくお子さんたち。約200名が参加してくださいました。
思い思いの色を使ってバッヂを塗っていくお子さんたち。約200名が参加してくださいました。

なんと福田市長もバッヂ作りに参加! 興奮した今井夫妻が市長と一緒にパチリ。
なんと福田市長もバッヂ作りに参加! 興奮した今井夫妻が市長と一緒にパチリ。

「かわさきSDGsゴールドパートナー」認証から「麻生区SDGs推進隊」募集へ

そして今年3月、第1回目の「かわさきSDGsゴールドパートナー」に認証され、「麻生区SDGs推進隊」のメンバーを募集することとなりました。

詳細は下記のチラシをご覧いただければと思いますが、主な募集要項はこちらになります。

未来の麻生区のまちづくりを担う小中学生を対象に、SDGs達成に向けて取り組む『SDGs推進隊』を募集します。
募集人数:20名(抽選)
募集条件:麻生区内在住の小学校4年生〜中学校3年生
応募締切:2021年6月21日
参加費用:3000円(全7回分 会場費、資料費、イベント保険費用として)
活動期間:2021年7月から2022年1月
活動場所:麻生区役所会議室 ほか
※本事業においての活動を、ホームページ、SNS、動画配信を使って広報をしてまいります。お子様の顔出しが不可という方につきましては、ご参加はお控えください。

このほかに、イベントの出展やワークショップの開催も今後予定しており、情報はあさおのSDGsのSNSインスタグラムツイッターフェイスブックで随時発信していきますので、ぜひご注目ください!

そして、川崎市では第2回の「かわさきSDGsパートナー」の募集を6月20日まで行っているそうです。気になる企業や団体はチェックを。詳細はこちら

自分自身はもちろん、未来を担うこどもたちがずっと住みたいと思える街づくりのために、皆さんも一緒にSDGsを意識していきましょう♪

シェア

いいね

コンテンツへの感想