専門マスター

樹脂粘土で『あつまれどうぶつの森テラリウム』作り!<主人公 製作編>

ネンドザイカーSNAIL

粘土クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

あつまれどうぶつの森のテラリウムを、樹脂粘土で作ってみました。
今回はたぬきちの鼻にとまった蝶を捕ろうとしている主人公を作ります。

他の制作風景は別の動画で紹介します。

ゲーム内の風景をガラス容器の中に表現してみました。
なるべく多くのどうぶつの森要素を盛り込めるよう構図を考えています。

使用する材料は、100円ショップダイソーの樹脂粘土です。
樹脂粘土は、形を作った後自然乾燥で固まる粘土です。
固まった後は硬くなり保存が効くため、様々な立体作品作りに使用されています。
紙粘土などより硬化後の仕上がりが綺麗なため、手芸や工作好きの方には是非おすすめです。

ダイソーの樹脂粘土は1個あたり30g入りで100円。カラーバリエーションが豊富で、色同士を混ぜ合わせて好きな色を作ることができます。

【作り方・ポイント】
作業は粘土板や、まな板などの上で行います。

粘土造形用のヘラなどがあると便利です。爪楊枝や竹串なども使用できます。

粘土は放置しておくとどんどん硬くなるので、使う分だけ取り出して、使わない分はラップをしたりタッパーに入れるなどして乾燥を防ぎます。

粘土同士をくっ付けるときは。接着面を水で濡らして付けることでくっ付きます。硬化してしまった後に接着したい場合はボンドなどを使います。

YouTubeでもネンドザイカーSnailの名前で樹脂粘土を使用したハンドメイド・DIY動画を投稿しています。

…続きを読む