おもしろ/ネタ

『どんなときも。』をブルースっぽくアレンジしてみた/槇原敬之

虹色侍

即興シンガーソングライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

5秒で曲を作る、即興作曲の虹色侍です!今回は、槇原敬之さんの
『どんなときも。』をブルースっぽくアレンジしてみました。
ーーーーー
こんばんは、バランです。今回は『どんなときも。』のブルースアレンジですって。良いですね。
でも僕は一つ気になることがあります。句点です。
文章とかについてる『。』なんですけど、この位置につけてくるのはさすがのセンスだなって思います。
倒置法でしょうか?非常にレトリックな表現ですよね。どんなときもなにが起きるのでしょうね。
藤岡弘、さんと同じミステリアスな感じがします。
ちなみに、藤岡弘、さんはなぜ『、』がついているかというと、自らが完成した存在ではなく
つまりは『我未だ完成せず』という意味で、名前の最後に『、』を付けていたそうです。深い。
別曲ですけど、『もう恋なんてしない』の『もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対』
でも物凄い否定表現の反復でコントラストを表していますよね。
文章能力がハイセンスすぎてビビる。僕なんて『遠く遠く』及びません。
まさにこう言った概要欄を書く『僕が一番欲しかったもの』ですね。はい。

(バランより、)

…続きを読む

関連タグ