タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

懐かしのiPod風Apple Watch充電スタンド!デスク上がノスタルジーに!

ニノ

ガジェット・モノ系のレビュー好きブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Apple Watchは毎日の充電が欠かせないアイテム。

帰宅後は、Apple Watchを外し、充電器に接続するというルーティンを過ごすユーザーも多いかと思います。

そんな、何気ないApple Watchの充電をただ単に充電器にくっつけて接続するだけでは、ちょっと味気ない!

・・・ということで、Apple Watchの充電器にかぶせるだけで、懐かしのiPod風充電スタンドに着せ替えできる「elago W6 Stand for Apple Watch」を我がデスクに導入したのでレビューします!

Apple Watchの充電器を懐かしのiPod風に着せ替え

elago W6とiPod classic
elago W6とiPod classic

スマホがまだ存在しない一昔前、音楽を再生する端末といえば、定番であるSONYのウォークマンか、新参者ながらめっちゃ流行っていたAppleのiPod、という2強時代がありました。

その後、徐々にユーザーを伸ばし、大ヒット製品となったiPodは、その形を変えて、今日のiPhoneへと進化。

そんなiPod→iPhoneという歴史を体験してきたからこそ、あのクルクル回るホイールを備えたiPodには特別な思い入れがあるんですよねぇ。あぁ、iPodが懐かしい!

elago W6 Stand for Apple Watch
elago W6 Stand for Apple Watch

今回導入した「elago W6 Stand for Apple Watch」は、スマホなどのアクセサリーを扱うelagoブランドのApple Watch充電用スタンドです。

Apple Watchの磁気充電ケーブルをelago W6の背面側から入れ込むだけの簡単セットアップ。

背面から純正の磁気充電ケーブルを入れ込む
背面から純正の磁気充電ケーブルを入れ込む

iPod風の充電スタンドはシリコンかエラストマー素材っぽいような感触です。

この磁気充電ケーブルを入れ込む際、ちょっと幅がキツめなので、多少無理矢理押し込む感じでいれます。

背面側のケーブル取り回しも楽
背面側のケーブル取り回しも楽

elago W6の背面側には、磁気充電ケーブルをすっぽり埋め込める小さな円形上の穴が空いています。

ここにケーブルをはめ込むと、ケーブルの取り回しが楽になり、elago W6自体のスタンド安定感も抜群になります。

ケースサイズは44mmの方が安定するかも

40mmケースだとちょっとスカスカな気も・・・
40mmケースだとちょっとスカスカな気も・・・

平面にApple Watchを置いて充電する方式とは異なり、Apple Watchと磁気充電ケーブルの円形充電器が接触する部分は地面と垂直方向となります。

ここでちょっと気になることが・・・。

Apple Watchには、文字盤サイズが40mmケースと44mmケースがあり、大きい方の44mmケースだと、この充電スタンドにピッタリはまり込むように思います。

しかし、40mmケースを入れ込むと、少しスカスカのような印象。

磁気充電ケーブルにカチッと引っ付く場所から、さらに下方向に隙間あるため、重力によってもう少し下までApple Watchが下がってしまうような感じがします。

40mmケースのApple Watch充電でも基本的に問題はないですが、ジャストフィットするのは44mmケースの方が良さそうです。

デスクの上がちょっぴりノスタルジーに
デスクの上がちょっぴりノスタルジーに

Apple Watchの充電器は、今や色々な製品があります。

この懐かしのiPod風デザインであるApple Watchスタンドは、ふと目線を送った時にノスタルジーな気分を与えてくれる我がデスク上の癒やし的存在です!

iPod風のApple Watch着せ替え充電スタンド「elago W6 Stand for Apple Watch」を設置して、毎日のApple Watch充電にちょっぴりスパイスを入れてみてはいかがでしょうか!?

【関連情報】
製品情報:elago W6 Stand for Apple Watch(PayPayモール)
著者情報:ニノ | Apple製品/ガジェット/キャンプが大好物な2児の父。「人生を楽しむ『モノ・コト』メディア」をコンセプトにしたブログ「FatherLog」を運営

シェア

いいね

コンテンツへの感想