タイトル画像

おもしろ/ネタ

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

超恥ずかしい!5歳の娘の影響を受けた中年親父が、うっかりやってしまった赤面の行動とは?

ニシムラマコジ

漫画家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは、ニシムラマコジです。

子育てをしていると、自然と観る番組は子供向けのものが多くなってしまいますよね?

朝から一緒にEテレを観て、

いつしかその番組に夢中になり、

気づいたら「みいつけた」や「おかあさんといっしょ」の歌を一緒に歌っている…

そんなお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか?

僕もそんな

子供達の影響を受けている父親の一人でして、

毎日いろんな曲を聴いては、一緒に歌ったりしています。

そんな中、娘がハマったのがアニメのプリキュア。

ある時期は、テレビの前に正座して

録画しておいたプリキュアを何度も何度も繰り返し観ていたほどでした。

そうなると当然僕も一緒に観ることになるわけで…

気づけばオープニングの曲もエンディングの曲もバッチリ歌えるようになっておりました。

それが実にいいメロディでノリもよく、

なかなかの名曲だったんですよね。

密かに気に入っていた僕は、

洗い物をしている最中など、

ふとした瞬間に、それを口ずさむようになっていました。

ところが…

僕は重要なことを忘れていたのです。

それは

僕が40歳を過ぎたおじさんである

ということ。

実は息子が仮面ライダーにハマった時も、特撮ヒーローにハマった時も、

同じように主題歌を習得し、

無意識に熱唱してしまうことがありました。

ただその時は

「少年の心を失っていないおじさん」

という言い訳も成り立ったので、

特に気にすることはなかったのですが…

今回は今までとはワケが違います。

客観的に見ても、さすがに

プリキュアを熱唱するおじさんはやばい

気がします。

かーちゃんに歌声を聴かれた瞬間、そう気付いた僕でしたが…

認識した時にはもう後の祭りでした。

直後に顔が真っ赤になったのは言うまでもありません。

まあかーちゃんには元々

「恥ずかしい漫画を描いている恥ずかしい奴」

と思われていますので、

今さら恥ずかしがっても手遅れと言いますか、

大きな問題はなかったのですが…

こんなことが家の外に出た時、

赤の他人の前で起こったら大変なことになります。

今後このような惨事が起こらないよう、

絶対にプリキュアの歌は外では歌わないようにしよう。

もし歌いたくなったら、部屋で一人きりの時に歌おう。

そんなことを固く心に誓った、

ある夏の日の出来事でした。

皆さんにもこういう経験はありませんか?

::::::::::::::::::::::::::

<作者PROFILE>

ニシムラマコジ:ギャグ漫画家。

2歳年下の妻(かーちゃん)に小学校高学年の息子(おーくん)、春に小学校に入学する娘(みーちゃん)がいる。

現在や過去に我が家で起こった出来事を必死に思い出して発表しています。

おとーちゃんはへこたれまくりWEB」では最新作も公開中!

見てね!

::::::::::::::::::::::::::

育児漫画「おとーちゃんはへこたれまくり」はフォアミセス(秋田書店)でも連載中!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想