タイトル画像

【三木市】家飲みがもっと楽しくなる♪ビール片手に七輪で魚を焼いてみた!鮮魚は「さかな屋魚八」でゲット

にっしー

週末農業ライター(三木市・三田市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

朝晩は随分涼しくなり、秋の訪れを感じるこの頃。外食が難しくても、せめて自宅でおいしいお酒と秋の味覚を楽しみたいですよね。

筆者は、家飲みをさらに楽しむために、旬の魚を七輪で焼いてみることにしました。

いろいろな鮮魚が揃う「さかな屋魚八」

魚を買おうと、やって来たのは「さかな屋魚八」。明石の卸売市場でセリ落とした太刀魚、スズキ、小ダイ、キスなどのさまざまな鮮魚をはじめ、刺身や寿司なども売られていますよ。

今回は、カマス(300円/匹)と剣先イカ(200円/杯)を購入することにしました。剣先イカは墨を抜いて開いてもらい、カマスは鱗と内臓を取ってもらったので、あとは焼くだけです。

焼けるのをじっくり待つ贅沢

さっそくカマスに塩を振って、七輪で焼いてみます。うちわでパタパタとあおいでいると、炭のいい香りが漂ってきます。さらに、ジュージューという魚の焼ける音が聞こえてきて、食べるのがとても待ち遠しい!

普段は、フライパンなどで手早く調理していますが、たまには魚が焼けるのをのんびり待つのもいいものですよ。

ビールを飲みながら、時々、魚をひっくり返したり。

夕焼けを眺めたり、コオロギやスズムシの鳴き声を聞いて秋を感じたり。

ゆっくりと過ぎていく時間を楽しんでいると、カマスが焼けました。手間をかけて焼いただけあり、身がふわふわしていてとてもおいしい!

剣先イカは旨味がぎゅっと濃縮されていて、ビールにとてもよく合います。

七輪の片付けは、網を洗って火が消えた木炭を捨てるだけなので、とても簡単でした。これなら気軽に使えそうです。

次は、日本酒を片手に焼き鳥やチーズなどを焼いて、家飲みをもっと楽しみたいと思った筆者なのでした。

さかな屋魚八
住所:兵庫県三木市緑が丘町東2丁目2-12
電話:0794-73-8884
URL:https://uo-hachi.com/

シェア

いいね

コンテンツへの感想