タイトル画像

【三田市】山頂の景色が最高!子どもから大人まで楽しめる有馬富士の登山♪

にっしー

週末農業ライター(三木市・三田市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

暑さが徐々に和らいで、登山が楽しめる季節になってきました。今回は、有馬富士(標高374m)の登山の様子をお届けします。

まずは有馬富士公園を気持ちよく散歩♪

今日は、有馬富士公園内のパークセンターからスタートし、福島大池を通り抜けるルートで登山道に入ります。公園内に目印があるので道に迷うことはありませんが、パークセンターに置いてある地図をもらっておくと便利ですよ。

パークセンターを出て福島大池の方向へ歩いていると、真正面に有馬富士が見えてきました。今からあの頂上に登るのかと思うと、少し不思議な気分です。

その後、しばらく池のほとりを歩きます。水面に映る「逆さ富士」も見られましたよ。

パークセンターから15分ほどで、登山道に到着です。

登山道の前半は、静けさやおいしい空気を味わう

登山道に入ると人気がなくなり、静けさに包まれます。空気がとてもおいしく、森林が太陽の光を遮って涼しい。一部、砂利道もありますが、基本的にコンクリートなので、とても歩きやすいです。

一番の難所は、山頂手前の大きな岩!

途中で坂道はあるものの、「山頂へ」という看板が現れるまでは、気持ちのいいハイキングでした。が、ここから一気に道が険しくなります。

まず、約100段の心臓破りの階段。段差が高いので、太ももが鍛えられます。

次に、大きな岩が出現。一見、大変そうに見えるかもしれませんが、岩に手をかけながら慎重に登れば大丈夫。特にケガはしなかったものの、手袋があると安心かもしれません。ちなみに、4歳だという子どもが、お父さんに手を引かれながら上手に降りていきました。

パークセンターから歩き始めて、約50分。ついに山頂に到着です!

さらに奥に進むと、素晴らしい景色をひとり占めできる特等席があります。開放感たっぷりの大パノラマが楽しめますよ。

ちなみに、山頂のスペースは思ったよりも狭いので、レジャーシートを広げてお弁当などを食べるなら、公園内の広々としたスペースの方がいいかもしれません。

約100段の階段や大きな岩などはありましたが、疲れ果てて動けなくなるほどでもなく、ちょうどいい運動でした。

皆さんも、気軽に登れる有馬富士で、気持ちのいい汗をかきませんか?

シェア

いいね

コンテンツへの感想