タイトル画像

【三田市】まるで屋久島!鬱蒼とした森と苔が美しい「大船山(653m)」の登山

にっしー

週末農業ライター(三木市・三田市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

自然の中で体を動かすのが気持ち良くて、毎週のように山に登っています。今回は、ふるさと兵庫50山のうちの1つ「大船山(653m)」に登ることにしました。

鬱蒼とした森と苔が美しい!

登山口は、十倉バス停付近、三田アスレチック、波豆川バス停付近の3カ所にあるのですが、今日は、三田アスレチックから登山道に入ります。500円を払って三田アスレチックの駐車場に車を停められるので、便利なんです。

登山道に一歩足を踏み入れると、ひんやりとしていて鬱蒼とした森林が広がっています。空気が澄んでいておいしい。

特に目を引くのは、この美しい苔です。湿っぽい森と苔のある風景は、まるで屋久島のよう。しばらく景色を楽しみながら歩きます。

勾配がどんどんきつくなり、徐々に息が上がってきました。大きな石や木の枝が転がっていたり、道が細くなったりするので、注意が必要です。

さらに、何回か道を間違えそうに。山道の目印であるピンクのテープを、しっかりチェックしながら進みます。

登っている最中はしんどいのですが、美しい緑やポツンと咲いている花を見ると「やはり登山はいいなぁ」と感じますよ。

ロープと石をつたいながら慎重に山頂へ

「山頂まで350m」という看板を通り過ぎると、大きな丸太とロープが見えてきます。ここからが難所です。

勾配がかなり急なうえに、大きな石がたくさん!スティックを使うか手袋をして、ロープや石をつたいながら慎重に登っていきます。風も突然強くなるので、防寒対策をお忘れなく。

しばらくすると急に視界が開けて、山頂に到着です!

山頂で飲むお茶が最高においしい!

登山口から山頂までは、1時間10分でした。山頂手前の激坂がしんどかった分、登頂した時の達成感はひとしお。

広めの山頂スペースにはイスもあるので、景色を眺めながらのんびりお茶を飲めますよ。

あいにく、この日は景色がはっきりとは見えませんでしたが、晴れていれば里山の美しい風景が望めるはずです。

膝をがくがくさせながら下山した後、多少の疲れは感じたものの「今日はしっかり体を動かした」という充実感の方が勝りました。

屋久島のような景色を楽しんだり、体をしっかりと動かしたり、山頂でお茶を飲んだりと、いろんな楽しみのある大船山。防寒対策をしっかりして、ぜひ楽しんできてくださいね。

シェア

いいね

コンテンツへの感想