タイトル画像

【足立区】あんこ好きにはたまらない! 庶民価格の王道和菓子が嬉しい! 北千住「和歌藤」

NORI56

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都足立区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

北千住に住んで8年以上経ちますが、まだまだ知らないお店がたくさんあり、散歩していると「こんな場所にこんなお店があったんだ!」と新たな発見をすることも多いのですが、今回ご紹介する和菓子屋さん「和歌藤」もその一つです。

北千住駅東口側の学園通り商店街をまっすぐ進み、突き当たりを右に曲がって少し歩いた場所にお店があります。お店の前には「手づくり和菓子 和歌藤」と書かれた紫色ののぼりが立っていました。

外からガラスの中を覗くと誰もおらず、ちょっと入りづらいなぁと思いつつも、店内のガラスケースにはおいしそうな和菓子が並んでいました。思い切って自動ドアのボタンを押してみたところ、店員さんが中から出てきて「いらっしゃいませ〜」と迎えてくれました。

ガラスケースの中には、豆大福、おはぎ、どら焼きなど、和菓子の王道がズラリと並びます。そして、どれも110円〜150円と、とってもお手頃価格でした

他のお店では普段あまり見かけない「かのこ(120円)」もありました。

「かのこ」とは、あんこ玉のまわりに甘く煮た小豆を並べてつけたもので、つぶつぶの見た目が特徴的です。

通常、小豆を煮てあんこを作る時は、小豆を潰して作りますが、この「かのこ」は、まわりについた小豆のつぶつぶした形が特徴のため、作るのにとても手間がかかるそうです。

せっかくなので、「かのこ(120円)」と「豆大福(110円)」をお持ち帰りしました。

「かのこ」は、外側についた小豆の味がしっかりと感じられ、中のこしあんともよく合います

「豆大福」は、皮のお餅がふわっふわで柔らかくもちもちしていて、和菓子屋さんならではの豆大福です。

「和歌藤」には、庶民価格の和菓子が揃っています。肌寒くなってきたこの季節に、お茶をすすりながら王道和菓子を楽しんでみてくださいね。

【店舗情報】
和歌藤
住所:〒120-0026 東京都足立区千住旭町22
電話番号:03-3888-1170
営業時間:9:00〜18:30
定休日:第2・第4日曜
※最新の営業状況は、店舗へ直接ご確認ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想