タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【足立区】2022年「千寿七福神」巡りレポート! 参拝期間は1月7日(金)まで!

NORI56

地域ニュースサイト号外NETライター(東京都足立区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

足立区の新春イベントとして毎年恒例の「千寿七福神」巡り!

毎年お正月の千住の街には、一年の開運招福を祈りながら七福神を巡る方々がたくさんいます。

千住の街の至るところに、七福神の鎮座を知らせるのぼりが立っています
千住の街の至るところに、七福神の鎮座を知らせるのぼりが立っています

2022年の今年は、1月3日に参拝してきましたので、レポートします!

朝11:30に「千住神社」から開始して、ゆっくりランチやお買い物などをしながら七福神を全て巡って、16時前に「元宿神社」で終了しました。

台紙2000円 + 御朱印7箇所1400円  = 合計 3,400円
台紙2000円 + 御朱印7箇所1400円  = 合計 3,400円

この色紙は2,000円で、それぞれの御朱印ごとに200円納めるので、全てまわると3,400円になり、最後にお参りした神社で日付を入れてもらえます。

また、色紙を買わなくても、無料で配布される用紙もあり、スタンプラリーを楽しむことも可能です。

無料配布されているスタンプラリーの台紙
無料配布されているスタンプラリーの台紙

(1箇所目) 11:30 恵比寿天「千住神社」

参道の半分くらいまで並んでいましたが、10分ほどで参拝することができました。

境内では、甘酒やお団子が販売されており、多くの方々で賑わっていましたが、これらの販売は1月3日までのみとのことです。

(2箇所目)12:00 毘沙門天「八幡神社」

こちらの社務所は、「千寿七福神巡り(2022年は1月1日〜7日)」の期間しか空いていません。ここでの御朱印はこの時期のみしか授かることができませんので、ご注意ください。

(3箇所目)12:15 福禄寿「稲荷神社」

2箇所目に参拝した「八幡神社」から千住大橋方面に少し歩き、国道4号線を渡ってすぐの場所にあります。こちらの神殿は、少し段差があって高い場所にあり、段差を登ってから賽銭箱まで少し距離があるのが特徴的です。

(4箇所目)12:30 弁財天「氷川神社」

いつもこちらの境内の木々の移ろいで、季節を感じたりします。「ミリオン通り」という商店街沿いにあり、魅力的な飲食店がたくさん並んでいるのですが、1月3日はあいにくほとんどが営業しておらず、少し足を延ばしてランチタイムとなりました。

(5箇所目)15:00 大黒天「千住本氷川神社」

大きな鳥居をくぐると、境内にはL字の参道が続きます。

(6箇所目)15:20 布袋尊「氷川神社」

神殿の裏側に富士塚があり、登って参拝される方々もいました。

(7箇所目)15:40 寿老神「元宿神社」

最後に巡った寿老神、元宿神社。時間ギリギリとなってしまいましたが、親戚一同の長寿をお祈りして2022年の「千寿七福神」巡りを終えました。

2022年「千寿七福神」の参拝は、1月1日〜1月7日まで、9時〜16時までです。この期間以外は、社務所が閉まっている神社もあるのでご注意ください。

千住のお正月恒例イベント「千寿七福神」巡り。ぜひ楽しんでまわってみてくださいね。

【施設情報】

恵比寿天「千住神社」
〒120-0043 東京都足立区千住宮元町24−1

毘沙門天「八幡神社」
〒120-0043 東京都足立区千住宮元町3−8

福禄寿「稲荷神社」
〒120-0037 東京都足立区千住河原町10−13

弁財天「氷川神社」
〒120-0036 東京都足立区千住仲町48−2

大黒天「千住本氷川神社」
〒120-0034 東京都足立区千住3丁目22

布袋尊「氷川神社」
〒120-0031東京都足立区千住大川町12-3

寿老神「元宿神社」
〒120-0041 東京都足立区千住元町33−4

※「千寿七福神」参拝期間は、1月1日〜1月7日まで

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想