タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【副腎ってなに?】~どんな働き?~

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧頂きありがとうございます!

おがちゃん先生です♪

今回は「副腎」について解説していきます。

副腎は、腎臓の上にある臓器で、ホルモンを分泌する役割があります。

表層の副腎皮質と深層の副腎髄質から構成されています!

そして前回の【浮腫の原因】という記事で、

副腎から分泌されるホルモンが浮腫(むくみ)にも関係するよ~

といった解説をしました。

今回は、その副腎のホルモンについて

もう少し詳しくみていきましょうっ!

副腎から分泌されるホルモンは、副腎皮質副腎髄質で異なります。

・副腎皮質からは…

アルドステロンコルチゾールアンドロゲン

・副腎髄質からは…

カテコールアミンが分泌されます。

①アルドステロン

アルドステロンは、腎臓に作用して、

ナトリウムの再吸収を促進して、

カリウムの分泌を促進するという働きがあります!

この働きによって、水も一緒に再吸収されて「血圧が上昇」します。

②コルチゾール

コルチゾールは、ストレスによって分泌が促進されることから「ストレスホルモン」と呼ばれています。

脳がストレスを感知するとホルモン(CRH・ACTH)を通じて、コルチゾールの分泌が促進されます。

コルチゾールは血糖上昇骨代謝タンパク質や脂質代謝免疫抑制など

さまざまな働きがあります。

③アンドロゲン

アンドロゲンは、男性では精巣・女性では卵巣で産生されますが、

副腎皮質でも産生されます。

末梢でテストステロンやエストロゲンに変換されて、性ホルモンとして作用します。

④カテコールアミン

最後に副腎髄質ホルモンのカテコールアミンです!

カテコールアミンは低血糖状態ストレスなどによって分泌が促進されて、

心拍数の増加血管収縮血糖上昇などの働きあります。

これが副腎の構造、そして分泌されるホルモンの働きです。

5~7gほどの小さな臓器ですが、

とても大切な働きをしてくれています(^^)

オンラインサロンの詳細はこちら

ではではっ

また次回の投稿で(@^^)/~~~

ーーーーーーーーーーーーー

【腎臓アウトプット】

セラピストさん向けですが、腎臓についてもまとめています!

こちらから

【インスタグラム】

さらっと見られる内容をスライド形式で紹介!

インスタグラムはこちらから

シェア

いいね

コンテンツへの感想