タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【インスリンとは?】~働き・高血糖との繋がり・インスリノーマについて~

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧頂きありがとうございます。

おがちゃん先生です♪

今回は「インスリン」について解説していきます。

前回の記事で【膵臓(すい臓)】についてお話ししました。

そして、「インスリン」は、すい臓から分泌されるホルモンの1つです!

食事をして、血糖値が上昇すると分泌されて、

細胞(肝臓など)に糖を取り込み、血糖値を下げる。

こういった役割があります。

例えば、インスリンが分泌されないと、

血糖値が下げられず、高血糖に繋がってしまいます。

また、インスリンが分泌されたとしても、

インスリンの効果が効きにくい状態になっていると、高血糖に繋がります。(インスリン抵抗性亢進)

遺伝的にインスリンの分泌能が低いこともありますが、

・内臓脂肪の蓄積
・運動不足
・ストレスなど

これらもインスリンの分泌能を低下されたり、

効きを悪くしてしまう原因となることがあります。

なので、インスリンの分泌や効き具合を正常に保ち、

高血糖を予防するには、生活習慣も大切ということですね。

インスリノーマ」は、インスリンを過剰に分泌してしまう腫瘍です。

この場合、インスリンが過剰に分泌されてしまうので、

「低血糖」になりやすくなってしまいます。

インスリノーマは比較的、まれなものではありますが、

このようにインスリンは「たくさん分泌されれば良い」という事ではなく、

「正常量分泌されて、ちゃんと効く」のが大切です!

インスリンに限らず、ホルモンは、

微量」で作用するので「分泌され過ぎ」も問題があります。

以上!インスリンについてでした!

参考になれば幸いです♪

オンラインサロンの詳細はこちらから

ではではっ

また次回の投稿で(@^^)/~~~

ーーーーーーーーーーーーー

【インスタグラム】

さらっと見られる内容をスライド形式で紹介!

インスタグラムはこちらから

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想