タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【肝機能が低下すると…?】~どんな症状に繋がる?~

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧頂きありがとうございます。

おがちゃん先生です♪

今回は「肝機能が低下すると、どんな症状に繋がるのか?」を解説していきます。

肝機能の低下】とは、肝臓の働きが悪くなっている状態なので、まずは肝臓について簡単にみていきましょう!

肝臓は右上腹部にあり、重さは約1200gもある大きな臓器です。

1200gもあるので、1Lのパックジュースよりも重いということですね!

以前出した【肝臓の働き】という記事にも書いてますが、

肝臓はさまざまな働きをしています!

例えば…

・脂肪の消化を助ける胆汁の生成
・血糖値の調節
・解毒
・ホルモンの抑制……などなど

では、この働き者の【肝臓】が機能低下してしまうと、どんな症状に繋がるのか?

みていきましょう!

①浮腫(むくみ)

肝臓では、アルブミンというタンパク質の1つが合成されています。

このアルブミンは、体内の水分バランスを正常に保つために大切な物質の1つです!

なので、肝機能が低下することで

アルブミンの合成が低下して

体内の水分バランスが乱れ浮腫(むくみ)に繋がる。

②高血糖

肝臓は、糖を蓄えておく貯蔵庫としての働きもしています。

なので、肝機能が低下すると

糖がちゃんと蓄えられず

高血糖に繋がる。

③血が止まりにくくなる

肝臓では、止血をするときに使われる物質が合成されています。

しかし肝機能の低下すると…

止血に関わる物質の合成が低下して

血が止まりにくくなる。

④黄疸(おうだん)

肝臓では、脂肪の消化に関わる胆汁が作られています。

しかし肝機能が低下すると…

胆汁がちゃんと合成できず、

その成分の一部(ビリルビン)が
血液中にたくさん流れ出てしまうことで

皮膚や眼が黄色くなることがある(黄疸)

⑤その他

その他にもだるい・疲れやすい・食欲がでない・悪心・吐き気・発熱などにも繋がる可能性があります。

肝臓は「沈黙の臓器」とも言われていて、

機能が低下していても、初期では無症状なことが多いです!

黄疸などの症状がでている頃には、

症状が進行している可能性が高いので、

定期的な健康診断が大切となります。

そして、適度な運動習慣や、食生活を整えて、

肝臓が元気で働ける体内環境を維持できるようにしましょう♪

参考になれば幸いです(^^)

オンラインサロンの詳細はこちらから

ではではっ

また次回の投稿で(@^^)/~~~

ーーーーーーーーーーーーー

【インスタグラム】

さらっと見られる内容をスライド形式で紹介!

インスタグラムはこちらから

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想