タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【胆嚢(たんのう)】~胆石・胆嚢炎ってなに?~

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧頂きありがとうございます。

おがちゃん先生です♪

今回は胆のう・胆石・胆嚢炎について解説していきます!

胆のうは肝臓の下にある小さな袋状の器官で、

肝臓でつくられた胆汁を濃縮して・蓄える働きがあります。

胆汁は、脂肪を消化しやすくしてくれます(乳化)。

※実際に脂肪を消化するのは、膵液(すいえき)に含まれる酵素のリパーゼです

そして、胆汁に含まれる成分から「胆石」がつくられることがあります。

胆石についてみていきましょう!

胆石は、コレステロールが主成分となっているパターンが多いです。

胆石ができても無症状の方はいますが、

なかには食後に右腹部に痛み嘔吐気持ち悪くなるといった症状がでる方もいます。

また、胆石が原因で、胆のうに炎症がおこってしまうこともあります(胆嚢炎)。

〈症状〉
右腹部の痛み・発熱・黄疸(おうだん)・尿の成分の異常など

※黄疸とは眼や皮膚が黄色っぽくなること。
※胆嚢炎は細菌感染や膵液の逆流などが原因で起こることもある。

そして、以下の特徴の方は胆石ができやすいといわれています。

・脂質の摂り過ぎ
・肥満
・40代以降
・女性
・多産
・白人
・胆のうが機能低下しているなど…

胆嚢炎によって、胆のうを切除する場合もありますが、

切除したことによって下痢などの症状が出る方もいます。

食生活などに気を使い、胆嚢炎にならないように注意しましょう!

参考になれば幸いです。

オンラインサロンの詳細はこちらから

ではではっ

また次回の投稿で(@^^)/~~~

ーーーーーーーーーーーーー

【インスタグラム】

さらっと見られる内容をスライド形式で紹介!

インスタグラムはこちらから

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想