タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【慢性腎臓病(CKD)】腎臓が悪くなるとどうなる?-症状や原因を分かりやすく解説!-

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧いただきありがとうございます。

おがちゃん先生です。

今回は「慢性腎臓病」を解説していきます。

慢性腎臓病(CKD)とは?

慢性腎臓病は、何らかの原因により、

腎臓が障害され、腎機能が低下する疾患です。

初期はほとんど無症状ですが、

進行していくと「末期腎不全」という

腎臓がほとんど機能しない状態になります。

すると、体の中のゴミ(尿毒素)が処理できず、

蓄積してしまい尿毒症」の症状が起きます。

尿毒症の症状は、頭痛・心不全・肺水腫・

網膜症・貧血・食欲不振・下痢・嘔吐・

レストレスレッグ症候群などがあります。

慢性腎臓病の原因

慢性腎臓病の原因はさまざまですが、

特に高血圧糖尿病脂質異常症などの

生活習慣病が大きく関係しています。

腎臓には「糸球体」と呼ばれる、

血液をろ過して、尿をつくる装置があります。

高血圧や糖尿病(高血糖)では、糸球体を

傷つけてしまうため、慢性腎臓病を招きます。

また脂質異常症では、

動脈硬化に繋がる可能性が高いので、

慢性腎臓病を引き起こすリスクも高くなります。

その他に加齢・喫煙・高尿酸血症(痛風)なども

慢性腎臓病を引き起こす可能性が高くなります。

慢性腎臓病の予防

慢性腎臓病の予防としては、

生活習慣と食生活がとても大切です。

◆生活習慣を整える

  • 肥満の改善(BMIの管理をおこなう)
  • 禁煙(喫煙は慢性腎臓病だけではなく、心血管疾患のリスクも高まる)
  • 適度な運動(ジョギングや早歩きなど有酸素運動を中心におこなう)

食生活を整える

  • 食塩の摂り過ぎは控える(高血圧の予防)
  • 蛋白質の摂り過ぎは控える(尿蛋白量の減らすために)

現在、慢性腎臓病の治療中の方の場合は、

進行具合によって、治療方法が異なるので、

担当医と相談しながら、

治療を進めていくようにしましょう。

では、今回はここまでです。

参考になりましたら、

いいね(ハート)ボタンをお願いします。

オンラインサロンの詳細はこちらから

最後まで、

ご覧いただきありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【おがちゃん先生について】

・ウィルワン整体スクール卒

 (現リエイチ整体アカデミー)

インスタグラムフォロワー1万人超

bijou解剖ボディケアスクール講師(沖縄県)

解剖生理学オンラインサロン運営

・東京都麹町半蔵門にて整体活動中

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想