タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【起立性低血圧】立ち上がりのふらつきの原因とは?-メカニズムを分かりやすく解説!

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧いただきありがとうございます。

おがちゃん先生です。

今回は「起立性低血圧」を解説していきます。

起立性低血圧とは?

起立性低血圧は、寝た状態(臥位)から

急に起き上がった時に、血圧が低下し、

めまいふらつきなどを起こすことです。

これは突然立ち上がったことにより、

血液が下半身に貯留し、

脳への血流が減少することで起こります

思春期更年期の女性に多くみられます。

起立性低血圧はなぜ起こる?

通常、立ち上がる時には、

反射的に血管を収縮させ(交感神経による)

ポンプのように血液を送りだし

下半身に血液が貯留することを防いでいます

しかし、このシステムがちゃんと働かないと

下半身に血液が貯留し、心臓へ戻る血液も減少…

結果:脳への血流も減少し、

重度の場合には失神を起こします。

起立性低血圧の原因

起立性低血圧は、

以下のような原因で起こることがあります。

  • 加齢
  • 自律神経の調節障害
  • 長期臥床(長い期間寝ている状態)
  • 脱水
  • 薬剤
  • パーキンソン病など

最後に、

起立性低血圧の予防法をみていきましょう。

予防①:適度な運動と筋力向上

歩く・走るなど動作によって、

足の筋肉が収縮弛緩を繰り返すことで、

下半身の血流が良くなります

このように筋肉には、ポンプのような役割

あるので、適度な運動筋力向上が大切です。

予防②:起き上がり時に注意

起き上がる時には、突然起き上がらずに、

ゆっくりと起き上がるようにしましょう。

また、長い時間寝た状態でいると、

起立性低血圧が起こりやすいので、

起き上がる」ということも大切です。

予防③:その他

その他に水分をしっかり摂る

お酒を飲み過ぎない・ストレス解消・

原因疾患がある場合にはその治療など…

最後に

起立性低血圧は、薬剤を使った治療を

行うこともあるので、不安がある場合には、

医療機関への受診をお勧めいたします。

では、今回はここまでです。

参考になりましたら、

いいね(ハート)ボタンお願いします。

音声付き動画解説ver

YouTubeチャンネルはこちら

最後まで、

ご覧いただきありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【おがちゃん先生について】

・ウィルワン整体スクール卒

 (現リエイチ整体アカデミー)

インスタグラムフォロワー1万人超

YouTubeチャンネル

bijou解剖ボディケアスクール講師(沖縄県)

解剖生理学オンラインサロン運営

・東京都麹町半蔵門にて整体活動中

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想