タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

それ「肝機能低下」のサインかも!-肝臓が悪くなるとどうなるのか?わかりやすく解説!-

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧いただきありがとうございます。

おがちゃん先生です。

今回は、肝臓の機能が低下すると、

どんな症状が現れるのか?解説していきます。

肝臓とは?

肝臓は、右上腹部にある大きな臓器です。

体内の「大化学工場」のような存在で、

たくさんの働きがあります。

肝臓が悪くなるとどうなる?

肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれていて、

肝機能が低下していても、

「初期は無症状」であることが多いです。

しかし進行していくと、

次のような、様々な症状が現れます。

働きと合わせてみていきましょう。

①だるい・疲れやすい

肝臓は、アンモニアなどの有毒物質を

毒性の低い物質に変換する働きがあります。

しかし肝機能が低下すると、

この働きができず、体内に有毒物質が蓄積し、

だるい・疲れやすいなどの症状に繋がります。

②高血糖

肝臓は、糖を蓄え必要な時に放出する

という働きがあります。(血糖値の調節

しかし、肝機能が低下すると、

食事をして、血糖値が上昇した時に、

蓄えることができないため、高血糖に繋がる。

③鼻血が止まりにくい(出血傾向)

肝臓では、かさぶたを作る時に必要な

物質(フィブリノゲンなど)を合成しています。

しかし肝機能が低下すると、

この物質の合成が低下するため、

血が止まりにくくなります(出血傾向)

④皮膚や目が黄色っぽくなる(黄疸)

肝臓は「胆汁」という

脂肪の消化に関わる液体をつくります。

しかし肝機能低下によって、

胆汁の成分の一部が、体内に増える

皮膚や目が黄色っぽくなることがあります。

これを「黄疸(おうだん)」いいます。

⑤胸が出てくる(男性)

肝臓は、体内にある不必要な

女性ホルモンを不活性化する働きがあります。

しかし肝機能が低下すると、

この働きができず、女性ホルモンが増加し、

男性だけど胸が出てくることがあります。

これを「女性化乳房」といいます。

⑥その他

肝機能低下による症状は他にも、

浮腫(むくみ)・頭痛・皮膚のかゆみ・

吐き気・食欲不振など様々なものがあります。

最後に

肝臓が悪くなる原因は様々ですが、

代表的なものとして以下のものがあります。

  • B型・C型肝炎ウイルス感染
  • お酒の飲み過ぎ(アルコール性)
  • 生活習慣の乱れ(非アルコール性)
  • 薬剤によるもの・免疫の異常など

前述したように肝臓は「沈黙の臓器」なので、

今回紹介した"肝機能低下のサイン"があれば、

まずは医療機関に受診するようにしましょう。

では、今回はここまでです。

参考になれば、幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【参考文献】
・坂井健雄ら(2018):「人体の構造と機能①,解剖生理学」第10版,医学書院
・岡田隆夫ら(2013):「標準理学療法・作業療法学,生理学」,第4版,医学書院
・堀川宗之(2019):「見て読んで学ぶ人体解剖生理学」,改訂第2版,東興交易(株)医書出版部
・落合慈之(監修)(2019):「消化器疾患ビジュアルブック」第2版,株式会社学研メディカル秀潤社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【おがちゃん先生について】

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。