タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

それ「脳卒中」のサインかも!-脳卒中になるとどうなる?-分かりやすく解説!

おがちゃん先生

整体師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ご覧いただきありがとうございます。

おがちゃん先生です。

今回は、脳卒中とはなにか?

どんな症状が現れるのか?解説していきます。

脳卒中ってなに?

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、

破綻してしまうことによって、

さまざまな症状が発現した状態の総称です。

脳卒中には、

◆血管が詰まってしまう脳梗塞

◆血管が破綻してしまう脳出血」と「くも膜下出血」があります。

種類によって特徴は異なりますが、

頭痛・構音障害・片麻痺・意識障害・失語・

めまいなどの症状が現れることがあります。

それぞれ、もう少し詳しくみていきましょう。

脳梗塞(のうこうそく)

脳梗塞は、脳の血管が詰まることで、

栄養・酸素不足となり、

脳細胞が壊死してしまう疾患です。

動脈硬化心臓内で形成された血栓が原因で

脳の血管が詰まって起こることがあります。

脳出血(のうしゅっけつ)

脳出血は、脳の血管が壊れて

脳内で出血を起こした状態で、

高血圧」が原因となることが多いです。

出血部位によって、被殻出血・橋出血・小脳出血

などといい、それぞれ症状や重症度が異なります

くも膜下出血

くも膜下出血は、血管が壊れることで

脳の周りのくも膜下腔に出血が生じた状態

突然バットで殴られたような激しい頭痛

起こるのが特徴といわれています。

最後に

脳卒中は、

高血圧・糖尿病・脂質異常症・心疾患など

基礎疾患があると、リスクが高くなります

なので、定期的な血圧の測定と管理

食事バランスの見直し適度な運動に加え、

健康診断を受けるなどが予防として大切です。

では、今回はここまでです。

参考になれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【参考文献】
・野村嶬(編集)(2004):「標準理学療法・作業療法学,解剖学」,第2版,医学書院
・岡田隆夫ら(2013):「標準理学療法・作業療法学,生理学」,第4版,医学書院
・医学情報科学研究所(2010):「病気がみえるvol.2,循環器」第3版,メデュックメディア
・医学情報科学研究所(2012):「病気がみえるvol.7,脳・神経」第1版,メデュックメディア

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【おすすめ記事】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【おがちゃん先生について】

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。