おもしろ/ネタ

さんまの裏側を見せてくるのはセクハラですか? 判断が難しい事例4つ

大北栄人

おもしろ動画制作/明日のアー主宰

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

あなたがよかれと思ってしてることでも相手にとってはセクハラとなっています
基本的には相手が不快に思えばセクハラにあたりますが、一定の客観性も必要となります。
ここでは判断に難しいセクハラの事例を見ていきましょう

事例1 さんまの裏側を見せてくる

さんまの裏側のように性的な文言を見せてくるのはセクシャルハラスメントにあたります。
故意ではないと主張しても映像のように見せつけて笑ってくるのはハラスメントです。

事例2 おれのせいだと見せかけておれの性

言ってることがなにを指しているのかは抽象的で判断がつきにくいですが
性的な言動だという認識は双方にあるようなのでハラスメントにあたります。

事例3 卒業証書入れのポンという音を聞かせてくる

ただ聞かせてくるだけならそれはただの嫌がらせになりますが
この場合は男性が性的な絶頂を表現してるともとれます。性的なハラスメントになってもおかしくはないでしょう。

事例4 夢に出てきたと言って『AKIRA』のキヨコみたいなことになっている

ただアニメのものまねをするだけならハラスメントにはあたりませんが、内容に嫌悪感を感じる場合は問題です。嫌だと意思表示してそれでもやってくる場合はハラスメントです

~~~セクハラだった場合は?
1.相手に対し『不快である』『やめてほしい!』としっかり意思表示をする
それでも相手が繰り返してくる悪質なものならば、きちんと記録をとりましょう
2.社内で相談をする
事業主にはセクハラに対して防止措置を適切に講ずる義務があります。
相談をする部署があるはずですからご相談を
3.都道府県労働局雇用環境・均等部(室)へご相談
社内でセクハラを相談する部署がなかったり解決しない場合は労働局に相談を
インターネットでは以下のサイトを
https://harasu-soudan.mhlw.go.jp/

男性が女性を食事に誘うことは、具体的には個別判断になりますが、たとえば、断られても何度も誘うような場合にはセクハラになる可能性が高いと考えられます。

男女雇用機会均等法第11条
第11条 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう 当該労働者からの相談に応じ適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

法律によってセクハラ防止措置を適切に講ずることが事業主の義務

事業者(企業)には、職場内で労働者が日頃から性的に不愉快に感じていることに対し、対策・防止策をとるなどの配慮を行う義務が

対価型とは労働者の意に反する性的な言動に対する

労働者の意に反する性的な言動、就業環境を害されること
労働者の主観を重視しつつも、一定の客観性が必要です

相手に対し『不快である』『やめてほしい!』としっかり意思表示
セクハラなどのハラスメントは、会社が問題を把握していたかが争点となります。
それでも相手が繰り返してくる悪質なものならば、きちんと記録をとりましょう
社内で解決しない場合は労働局に相談
都道府県労働局雇用環境・均等部(室)へご相談
https://harasu-soudan.mhlw.go.jp/

「セクハラ」に当たるか否かは、「職業生活に関連して、本人の意思に反し、看過できない不利益や被害が生じるか、生じようとしている」ということが一応の判断基準となります。
もっとも、セクハラを受けている女性本人がセクハラと感じなくても、平均的な女性(第三者)から見て、不快と思われる場合にもセクハラに当たることはありえます。

…続きを読む

おもしろ/ネタの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る