タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【東大阪市】司馬遼太郎記念館企画展「『胡蝶の夢』――近代医学を拓いたひとびと」を見に行ってきました!

岡田智則

webライター(東大阪市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

現在「司馬遼太郎記念館」では、企画展「『胡蝶の夢』――近代医学を拓いたひとびと」が行われています。司馬遼太郎の歴史小説の1つ『胡蝶の夢』に因んだ特別展ということで、その展示を見に行ってきました。今回は、その体験をご紹介いたします。

司馬遼太郎記念館
司馬遼太郎記念館

司馬遼太郎記念館は、近鉄奈良線「八戸ノ里駅」の近くにある博物館です。住宅街の中にあり、見た目も民家そのもの!雑木林風の庭や書斎など、司馬遼太郎の生活感を感じることが出来ます。

「『胡蝶の夢』――近代医学を拓いたひとびと」
「『胡蝶の夢』――近代医学を拓いたひとびと」

現在こちらの博物館では、特別企画展「『胡蝶の夢』――近代医学を拓いたひとびと」が開催されていました。『胡蝶の夢』は、江戸時代末期の身分制社会を医学の発展の観点から描いた歴史小説です。
シーボルトが伝えた蘭学を広めていった人物についての資料や、司馬遼太郎がその小説を書くにあたって参考にした古文書、自筆の原稿などが展示されていました。
自筆の原稿を見ると、小説家がたった一文を書くために、どれだけの労力を費やしているのかを感じることができると思います。

パンフレット
パンフレット

パンフレット
パンフレット

特別展の他に、常展には書斎が展示されています。司馬遼太郎が歴史小説を書くにあたって、どれだけの古文書を読んできたのか、その数に圧倒されます。
彼にはほとんど趣味は無く、歴史資料を読むことが日頃の娯楽だったとか・・・。その地道な努力の積み重ねによって、数多くの歴史小説を生み出してくことが出来たのでしょう。

この展示会は、5月15日までやっているとのこと。ゴールデンウィークのお出かけに悩まれている方!ぜひ、司馬遼太郎記念館に足を運び、彼の生活感に触れてみてください。

司馬遼太郎記念館

【住所】大阪府東大阪市下小阪3丁目11−18
【アクセス】近鉄奈良線「八戸ノ里駅」下車 徒歩約8分
【開館時間】10:00~17:00(入館受付は16:30まで)
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)
【お問合せ】06-6726-3860

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想