How to

まさか!花粉症が悪化した原因が、優しいお母さんだったとは…

おかみ

暮らしのコンサルタント

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

花粉シーズン到来で色々な対策をする季節になりました。

しかしそこには思わぬ落とし穴があるのです。

花粉の掃除には「拭き掃除」が適していますが、水分量が正しくないと拭いた場所に埃や花粉が余計に付着してしまう可能性があります。

「せっかく拭いたのにベタベタする…」「スッキリしなかった…」こんな経験をした方も多いと思います。

今回はそんな悩みを簡単に解決していきます。

まずは、オリジナル洗剤を作りましょう。

用意するものは

●雑巾タオル

●ぬるま湯30ml(42位)

●ウタマロクリーナー2プッシュ

まずは、ぬるま湯30mlにウタマロクリーナーを2プッシュ入れてオリジナル洗剤を準備します。

その洗剤を三つ折りにした雑巾に少しづつ均等に垂らした後、ギュっと絞ると絶妙な水分量の雑巾に仕上がります。

雑巾掛けは、水分量が成功の鍵を握っているので、この季節に適した湿った雑巾が床に落ちた花粉をキャッチして舞上げることなく、拭き取ることができます。この洗剤は二度拭き不要でひと拭きでキレイになります。今回の掃除には粗品タオルのように薄いタオルが適しています。

手軽にできるクイックルワイパーもいいですが、手の力で雑巾掛けをすると、しっかり汚れを落とすことができて、床はサラサラ快適になります。