専門マスター

つけてみそかけてみそを使った「さんまのかば焼きレシピ」

おかわりJAPAN

ご飯のお供紹介ブログおかわりJAPAN主宰

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

どうも、日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するおかわりJAPANの長船です。

味覚の秋・食欲の秋がやってきました。
美味しいものがたっぷりの秋の味覚ですが、
数ある秋グルメの中で、味覚の王様といえば「秋刀魚」でしょう!!
9月~10月ころの秋刀魚は脂がのっていて塩焼きにするだけ絶品料理!美味しいですよね。

しかし、残念ながら今年は秋刀魚が不漁で価格が高い!
安いものは冷凍物。
それでも美味しいさんまを食べたーい
という方へ。 
今年のような不漁のシーズンは、
ひと手間加えたさんま料理はいかがですか?

ということで本日は香ばしい甘辛ダレとサクっと食感が美味しい「さんまのかば焼」レシピをご紹介します。

ただの「さんまのかば焼」レシピではございません!
愛知県民の胃袋をつかんで離さないご当地調味料「つけてみそかけてみそ」を使ったさんまのかば焼レシピをご紹介します。
※今回は「さんまかば焼丼」に仕上げます。

本日のレシピもおかわりJAPANの作る担当桑折くん(上野広小路 美酒処琳の板長)に考えてもらいました。

【1】材料(1人前)
さんま…1匹
ご飯…200g
つけてみそかけてみそ…大さじ1杯
みりん…大さじ1杯
料理酒…大さじ1杯
醤油…大さじ1杯
塩、こしょう…少々
小麦粉…適量
サラダ油…適量
ごま、刻みねぎ…お好みで

【2】作り方
(1).さんまを3枚におろして1枚を3等分に切る。
 ※気になる方は小骨をとる。 (3枚おろしの方法はヤフーで検索しよう!)
(2).(1)に塩・こしょうをふって、小麦粉をまんべんなくつける。
(3).フライパンを熱してサラダ油を引いて、皮面を下にして焼く。
(4).皮面にしっかり焼き目がついたらひっくり返して反対面も焼く。
(5).8割がた火が通ったら、料理酒・みりん・醤油・つけてみそかけてみそを入れて煮詰める。
(6).煮詰まったら、火をとめてタレをさんまによく絡ませる。
(7).ご飯に(6)を盛り付けて、お好みでゴマ・刻みねぎをのせて完成。

【3】ワンポイント・感想
・ポイントはしっかり焼き目をつけること。焼き目をつけることでタレがよく絡みます。(桑折)
・さんまを3枚におろす手間をかけたくない方は、さんまの開きでも代用可。(桑折)
・カリっと食感と甘辛ダレが絡んださんま、ご飯がすすむ絶品おかずです!!(長船)
・つけてみそかけてみそは甘みがあり完成された調味料なので、味付けがまとまる!(長船)

これから秋の味覚も本番です。
炊き立ての新米にさんまの蒲焼、ぜひお試しください♪

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る