タイトル画像

【河内長野市】らぱん(小山田)さんのお気に入りさくさくクッキーと初めて知る花苗の販売の両方コスパ抜群

奥河内から情報発信

奥河内地域文筆家(河内長野市・富田林市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

そろそろハロウィーン本番。子供たちにプレゼントするお菓子をそろそろ用意しなければいけない時期になってきましたね。河内長野には、とてもレベルの高い洋菓子店がひしめいているので、それこそ選び放題。どこのお菓子を選ぶか、頭を悩ますシーズンです。

今回、一般のお店の商品のようにきらびやかさ、派手さはないものの、美味しいクッキーを販売しているとして、根強いリピーターさんがいるお店をご紹介します。

それは、小山田にある「おやまだのクッキーと紅茶の店 Lapin らぱん」さん。障がい者福祉サービス事業所のワークメイト聖徳園(外部リンク)さんが運営していて、ここで焼いているクッキーは本当に美味しくてかつコスパも良いのです。

小山田の住吉神社の参道近くに、らぱんさんがあります。

らぱんさんには今まで何度か立ち寄っていましたが、この日初めて知ったことがありました。クッキーだけでなく、花の苗も店頭で販売しています。しかも、このお値段。安い!

施設の前の小さな建物が、らぱんさんのお店です。ちょうど10月なので、店内は一面ハロウィンモードにディスプレーされていました。

らぱんさんのお菓子には、砂糖を使わずてんさい糖使用しているんだそうです。そのてんさい糖だけでなく、小麦粉、バターなどの食材も、純国産にこだわっているとか。ヘルシーに、素材の良さを生かしたお菓子作りがコンセプトとなっています。

ちなみに店名のらぱん(Lapin)ですが、これはフランス語で「うさぎ」を意味しているのだそうです。そしてクッキーやパンを製造販売していることから「パン」をかけること。親しみを持ってもらえればという思いでネーミングされたそうです。

店内の様子
店内の様子

らぱんさんは、コロナ禍の前まではこのスペースをカフェとして営業していました。しかし2020年の春からスタッフの感染予防を最優先に、いち早くテイクアウト専門に業態変更。それまでテーブルのあった場所に雑貨などを置き始めたのだそうです。

沙織織のバックやコインパース、髪留め、クッションカバー、ぬいぐるみなど、いろんな種類のグッズが置いてあり、しかもお値段も市販品よりお安め。

ワークメイト聖徳園さんで作られたものだけでなく、他の福祉作業所で作られたもの、またらばんさんのイメージに合ったハンドメイド製品などさまざま。ちょっとしたプレゼントなどに、クッキーと組み合わせてみるのも、楽しいかもしれませんね。

らぱんさんの開業は意外と古く、既に30年ほど前にはお店がありました。現在の責任者の方は担当になられて7年だそうですが、開業当時からの伝承レシピがあり、今もそれにそってスィーツを作っているそうです。

その伝統的な味をベースに、創作を交えた努力が実を結びました。平成28年度のスウィーツ甲子園では、見事に大阪大会のグランプリを受賞。このときは、天野酒さんの酒粕を使った新たなスィーツを作成したことによる快挙です。

ちょうどハロウィンのクッキーを販売していました。ちなみにハロウィンクッキーは1袋150円。写真では、販売されているクッキーの数が少ないですが、その理由は取材日が月曜日だったため。

月曜日は朝からクッキーを焼いて袋詰めする日なので、もっとも店の在庫が少ないとのことでした。逆にいちばん多いのは、火曜日の午後からだそうですよ。

破片クッキー(150円)
破片クッキー(150円)

さて、らぱんさんのすごいのはこちら。ただし、いつもあるとは限らない、巡り合えばラッキーな商品なのです。

これはクッキーの端の方や成形に失敗した破片を格安(200g/150円)で販売しているもの。形が崩れているだけで味にはまったく問題なく、しかもいろんな味のクッキーが楽しめるので、超お買い得!

ハロウィンクッキー(150円)
ハロウィンクッキー(150円)

らぱんさんがなぜこのようなものを販売しているのかといえば「まずは味を知ってもらいたい。そうすればうちのクッキーの味の良さをわかってもらえるから」とのこと。

それはその通りで、なにしろ私も最初にこの破片のクッキーを購入し、らぱんさんのクッキーの美味しさを知ったからです。

テイクアウトメニューがこちらです。クッキーのほかドリンクや自家焙煎のコーヒー豆などを販売。またドリンクにはクッキーが2枚つくそうです。

現在、カフェの営業は中止しています。しかし店の後ろ側、こちらは施設横のテラスですが、ここは使用可能。ここでお店で買ったクッキーやドリンクを楽しむこともできるとのことで、リピーターの方たちに人気の席のようです。

この日は月曜日、ちょうどクッキーの袋詰め作業をしている所を特別に見せてもらいました。このときは3人で作業を行っていましたが、いつもこのくらいの人数で作業されているそうです。

こちらが園芸コーナーです。場所は、らぱんさんのお店からは、左手の路地を入ります。そのまま直進すれば住吉神社の境内に到着できる道。途中で左に曲がり、別の福祉施設の横を入ると、奥にハウスを備えた園芸コーナー販売所があります。

こちらが園芸コーナーです。場所は、らぱんさんのお店からは、左手の路地を入ります。そのまま直進すれば住吉神社の境内に到着できる道。途中で左に曲がり、別の福祉施設の横を入ると、奥にハウスを備えた園芸コーナー販売所があります。

花によっては説明があります。わかりやすくでよいですね。そしてせっかくなので、花をいくつか買います。

こちらの花の鉢ですが、さっそく家に戻ってから花壇に植え替えました。ビニールの育成鉢から外したら、白い根がびっしりと詰まっていて、そしてとても元気のよい状態で驚きました。とてもしっかりお手入れされている状態が、一見してわかりました。

花苗と同時にクッキーも買って帰りました。こちらは300円のクッキーです。

さて、らぱんさんのクッキーの味ですが、口に入れると自然な甘さが広がり、ついつい次に手が出るさわやかな味わいがありました。派手さはないものの、誰にでも愛されるだろうというオーソドックスな味わい。リピーターさんが多いというのもうなずける美味しさでした。

おやまだのクッキーと紅茶の店 Lapin らぱん(外部リンク)
住所:大阪府河内長野市小山田町379-13(ワークメイト聖徳園内)
電話:0721-55-6568
営業時間10:00~16:30
定休日:第2・4.5土曜日 日曜日 祝日
アクセス:南海千代田駅よりバス乗車 福祉センターあかみねバス停下車徒歩1分

シェア

いいね

コンテンツへの感想