専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

プロゴルファーが教える!8割がスイングの大きさを勘違いしている。本当の大きいスイングとは?

奥山ゆうし

プロゴルファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さん飛距離を出すためにスイングを大きくしたいと考えていませんか?
8割の人が勘違いしていることがあります。それは体の形が大きくなれば良いと考えている人が多いんです。大きいスイングと言うのはパワーが最大に発揮することが条件になってます。
皆さんに注意してほしいんですが、アドレスの時腕と肩の三角形の形をキープして大きく上げようとしている人がいます。
これは関節がロックしてしまうので、物理的には大きく見えますが、体の機能をうまく使えないためにパワーが減少してしまいます。
フォローも大きくするために両腕を伸ばして円を大きくしようとする人もいます。これも間違えなんです。
テイクバックでは、右腕がだんだん曲がっていくのが正解です。右腕が少しずつ曲がることによって関節がスムーズに動き、スピードも上がるんです!
フォローはインパクトを少し過ぎてから左腕が少しずつ曲がる動きが最大に大きいフォローになります。
左腕が曲がることによってうまくローテーションができて、フィニッシュの収まりも良く、ヘッドスピード上がりも力も伝わります。
テイクバックでは右腕が曲がる!フォローでは左腕が曲がる!この動きがゴルフスイングの最大の大きさのスイングになります。両腕をまっすぐにしすぎないように注意してくださいね。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。