トレンド/カルチャー

【 広島 】大行列が出来るあなご飯「うえの」100年以上の伝統の味。

おーぬまん(大沼類)

Mirageプロデューサー/フォトグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

広島旅行に来たら食べておきたい
広島グルメのひとつ「あなご飯」

そんなあなご飯が食べられるお店で
有名なのがあなごめし うえの。

創業明治34(1901)年と、
宮島のあなごめしの中では一番の老舗です。
110年以上守られ続ける伝統の味が味わえます。

継ぎ足しの秘伝ダレで焼き上げた蒲焼き穴子に、
穴子のダシで炊いたご飯。洗練された上品な味わいは、
噛みしめるほどに旨味が広がります。
実は人生で初めてあなご飯を食べた
のですがとっても美味しくて感動しました、、、!
ばくばくとあっという間に
完食してしまいました。

あなごめし うえののメニューはこちら。

・あなごめし うえのメニュー
あなごの白焼き 1.300円
辛口の冷酒、ぐい飲み 100円
あなごめし特上 2.750円
あなごめし上 2.250円
あなごめし小 1.950円
(税込価格です)

お腹に合わせてサイズを選ぶことができます。
あなごの白焼きは
あなご本来の味を楽しめる一品です。
白焼きの穴子は貴重な天然ものだそうで
なかなかこのお値段で食べることは
出来ないそう。
ほんのり塩味の白焼きに
わさびや塩を付けてあなごの味を
しっかりと味わえます。

ぜひ白焼きもあなご飯を食べる前に
食べてみて下さい。

お昼どきは待つこと必至なので、
開店直後か15時すぎを狙うといいかも
しれないです。

店内もレトロな雰囲気がとても素敵です。
古民家風の造りになっており
どこか懐かしく感じる暖かみのある
インテリアと内装にも注目です。

あなごめし うえのの本店は
宮島に向かうフェリー乗り場の
すぐ近くにあります。
「あなごめし弁当」をテイクアウトして、
宮島に渡って食べるのもおすすめです。
お弁当は冷めてもむしろおいしく、
これぞあなごめしの元祖の味わいです。

ぜひ広島観光で外せない宮島と
あなご飯を食べに行ってみて下さい!

一度食べたら忘れられない美味しさです。
私もまた広島に行ったら必ずまた
食べに行きたいです。

―――――――――――――

■あなごめし うえの
[住所]広島県廿日市市宮島口1-5-11
[営業時間]弁当9時~19時、食事10時~19時
※ともに水曜は18時、売り切れ次第終了
[定休日]なし(水曜は弁当の販売のみ)
[アクセス]JR山陽本線宮島口駅より徒歩2分

JR宮島口駅を出て、地下通路を渡ってすぐ。
右が食堂、左が待合所

―――――――――――――

…続きを読む