専門マスター

女性の防犯対策に覚えてみよう!簡単護身術、みんなが知っているアイーンで不審者から逃げる方法

おりえ

総合危機管理評論家 /防犯・護身術師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

女性の防犯対策に覚えてみよう!簡単護身術、みんなが知っているアイーンで不審者から逃げる方法

今回の護身術は不審者に正面から腕をつかまれた時の逃げ方の一つです。

どこかで見たことがあるポーズ「アイーン」
たいていの人はこの言葉とポーズに見覚えがあるはずです。
護身術は難しいというイメージがあり、特に女性は防犯教室でも苦手意識から混乱しがちです。でもみんなが知っているこのポーズなら覚えやすいのではないでしょうか?
アイーンと言いながら家族などと一緒に練習するのもいいですね。ぜひ簡単護身術を覚えてみて下さい。

【動画を見ながら練習しよう】

1 腕を捕まれたと想定します。
捕まれた方の自分の手を自分の胸に引き寄せます
この時アイーンというギャグを思い出して指先に力を入れてひじも素早く曲げること
* まずはアイーンだけを数回やってみましょう

2 足もつけてみます
(手を捕まれ逃げようと思うと自然に同じ方向の手と足が前に出ます)
そのまま後ろ足を相手の後ろに下がるイメージで直角にスライドさせますが
少し腰を落として行うと力が入りやすいです

3 1と2を素早く同時に行うと相手の手が腕から外れます

【不審者対策アドバイス】

護身術を覚えることで自分が強くなるわけではありません。
あくまでも逃げて助けを呼ぶための手段です。
ただし、日頃から練習することにより警戒心や防犯意識が強くなるメリットがありますので、ぜひアイーン!で練習してみてください。
不審者が狙った人に飛びつく平均距離は5~6メートルと言われています。
自分が大丈夫だと思っている距離より離れたところから襲い掛かる場合がほとんどなので夜道や人気のない場所ではまずは人との距離をとることが大切です。

また、不審者に遭遇したら自分のためはもちろんですが次の被害者も出さないために必ず警察に通報してください。

*護身術の注意・必ずお読みください*

護身術は必ず助かるわけではありません。
女性の筋量(力差に近いと言われている)男性の65%程度と言われており、強さの違いはどうしようもない部分があります。

また男性と女性、子供、幼児など同じ護身術を行っても実際の状況や体格差により技が有効な場合とそうでない場合があります。

護身術は危険を回避するためのものですので事故や怪我の恐れもあります。
動画の内容やアドバイスについての練習や実践する際の一切の責任を負いかねます。
十分注意しながら自己責任で行ってください。

ふざけて行ったり未成年同士の練習は危険ですので絶対におやめください。

…続きを読む