専門マスター

災害や台風の停電時に役立つ!缶詰ロウソクやバターロウソクは家にあるもので簡単にできて緊急対策に便利

おりえ

総合危機管理評論家 /防犯・護身術師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

災害や台風の停電時に役立つ缶詰ロウソクやバターロウソクは家にあるもので簡単にできて緊急対策に便利

停電に自宅にあるもので対応しよう缶詰とバターで簡単ロウソク

*火を扱う動画です。火事に注意して、必ず最後の「動画のご注意」をお読みになってください

内容
停電のニュースが気になる最近です。
まだ防災の準備をしてない人の緊急時のお助けアイテム。

「オイル漬け缶詰」「バター」もロウソク代わりになります。
バターロウソクは缶詰ロウソクよりも耐久性はなく缶詰は今回4時間持ちました。
(バターは固形半分で約2時間と言われていますが実験では30分)

缶詰は真ん中にくぎを打ち込むか、缶切りの先で穴をあけても大丈夫です。
なぜか今回は缶切りの端に穴を開けた缶詰が長持ちしました。

缶詰はオイル使用じゃないと火はつきませんのでご注意ください。
非常食用やストック用にいくつかオイル系の缶詰を買っておくと安心だと思います。

穴に入れる芯はタコひもやティッシュのこよりを使いますが
ティッシュは点火時にかなり煙が出るのでタコひものほうがおすすめです。
どちらもスムーズに点火するように外側にも必ず油分をしみこませませてください。

切れてるバターは容量が小さいためにやはり燃えつきが早かったです。
停電は固形バターを半分に切ったもの、または1個のままがおすすめですね。

缶詰は最長で4時間火がついてましたが使用後はもちろん美味しく食べられます。
早く消えたものは中にオイルが残っていたので芯の入れ方と最初の油の染み込ませ方など条件で耐久時間が変わるかもしれないと思います。

今回は停電時の簡単ロウソクとして
オイル漬けの缶詰やバターを使用しました。停電で冷蔵庫が使えないときはバターも溶けてしまうので
意外な有効活用かと思います。

あくまでも短時間ではありますが、スマホの明かりを頼りにして充電を減らすなどよりは
家にあるもので明かりをともした方がいいですよね。
災害時は大変ですが、知恵を使ってほんの少しでも快適に過ごせたらと思います。

缶詰ロウソクの感想 

缶詰ロウソクやバターロウソクは製品の種類や芯の作り方で耐久時間がかなり変わると思います。

切れてるバターは見た目がおしゃれになるかと実験しましたが、10分ほどで燃え尽きました。
切らないで固形のまま使用すると耐久時間が変わると思います。

今回最長!4時間で燃え尽きたオイルサーディーンの缶詰は開けたらお魚だけ残って少しパサついていましたが十分美味しく食べられました。他の缶詰はオイルがかなり残っていたので、食べてもそのまんまの印象です。
バターは火事防止のため点火時に水を張ったお皿に入れました。この場合、水に溶けて微妙な感じなので使用後の食用はお勧めできませんでした。

芯について
タコひも→安定して長く持つ
ティッシュのこより→最初黒い煙が出すぎ、煙が落ち着いてからもタコひもの芯より消えるのが早いイメージです。また、かなりきつく作らないと芯を缶やバターに入れる時点で崩壊します。
ティッシュ点火時は最初の煙が強いので白い壁などの家はちょっと心配になるかも(今回すすはつきませんでした)

停電の時に今回のように火を取り扱う時は安全な状況で一酸化炭素中毒を避けるため換気もしてほしいのですが、台風の通過中に窓を開けると風圧でガラスが割れる可能性がありますし、風で火の燃え移りの可能性もあります。事故やケガのないように状況を判断しながら行うことをお勧めします。

動画の注意点
*この動画は防災アドバイス(防災ライフハック)の一環として作られていますが、視聴者の方の安全を保障するものではありません。
火を扱う内容であり参考にした場合は。火事や火傷その他の事故の可能性が考えられます。
動画の内容とコメントに関して製作者側は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
取り扱う側の状況によっては動画とは違う現象が起こる、また危険を伴うことも踏まえ十分に注意しながら自己責任にてお願いいたします。
*動画内容の未成年の方のご利用は危険を伴う可能性がありますのでお断りいたします。
*火の取り扱いは周りに燃え移りやすいものがない事と安全である事を確認し、消火器や消火に十分な水などを準備した上で行ってください。
*一酸化炭素中毒を避けるため換気を行ってください。

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る