専門マスター

  • いいね

痴漢被害で泣き寝入りしないための撃退方法、痴漢撲滅プロジェクト第二弾

おりえ

総合危機管理アドバイザー/防犯・防災・護身術

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

痴漢撲滅プロジェクト第二弾 【痴漢の撃退方法を考える】
痴漢被害で泣き寝入りしないための撃退方法

動画の内容

痴漢の撃退方法を考える

ここでは痴漢が嫌がる事を紹介

まず痴漢抑止バッチで予防
通勤や通学でつけて痴漢抑止

痴漢が嫌がるアクション3つは

①睨む②身体をよじる③声を出す

アプリでの対策方法もあるよ
痴漢レーダー
被害登録するとダミーで電話が

緊急事態なら心強い

警視庁のDigiポリスは

音と文字で怯ませる
痴漢は犯罪です
痴漢で泣き寝入りしないため
まずできることから
みんなで対策を

防犯アドバイス 
痴漢撲滅プロジェクト第二弾の動画です。
実は海外からはCHIKANと表現されるほど日本は痴漢大国ということはご存じですか?
痴漢は当たり前、これは『仕方がない』『日常の一つ』であってはならない異常な事なのです。

今回紹介した痴漢抑止バッチは痴漢被害に悩む女子高校生の実体験を元に発案され作られたバッチです。
痴漢被害にあわない・痴漢加害者を生まない・冤罪被害者もつくらない
といった狙いの取り組みから痴漢抑止活動センター発足され、現在では痴漢バッチデザインコンテストに全国から500件の応募があるなど痴漢被害に遭わないための自衛手段の啓蒙活動として広がりを見せています。

デジポリスは警視庁の防犯アプリです。
痴漢の「やめてください」画面のほかに防犯ベル機能なども搭載されています。そのほか犯罪発生情報、MAP機能、特殊詐欺アクションプログラム・東京、公開捜査、警視庁ホームページ、犯罪発生情報、詐欺川柳、等様々な機能が搭載されています。
今回アプリの紹介は警視庁犯罪抑止対策本部の許可をいただいております。

痴漢レーダーはアプリで被害状況を可視化、。
共有してみんなで助け合い社会を変えていこうという取り組みの一つで、被害を可視化することを目的とし開発されたアプリです。警察や家族にも相談できず泣き寝入り傾向にあった痴漢被害の本当の被害件数が明らかになりつつあります。
被害を登録することで偽電話がかかってくる機能も付いています。

痴漢対策については今後も一つ一つに着目していこうと考えていますが

今回はまず大きく3パターン
●予防できる対策
●アクションでできる対策 (睨む・身体をよじる・声をあげる)
●スマホアプリでできる対策
として挙げてみました

人それぞれ状況も違います
まずは少しでもできることから始めてみませんか?

今後もYAHOOクリエイターズ動画内でも痴漢撲滅に向け被害側の対策、加害者・加害予備軍への働きかけ、冤罪優先の考え方問題等、様々な角度からのアプローチをシリーズ化したまま痴漢撲滅に向け打ち出していきたいと考えています。

今まで泣き寝入りが多かったであろう「痴漢」その痴漢対策に向け世の中は変わりつつあります。

取材協力 動画順

警視庁 犯罪抑止対策本部  (Digi Police)
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/tokushu/furikome/digipolice.html

一般社団法人センター痴漢抑止活動センター (痴漢抑止バッチ)
http://scb.jpn.org/

株式会社キュカ QCCCA  (痴漢レーダー)
https://www.qccca-corp.com/

【動画の注意点 必ずお読みください】

動画にて紹介する防犯グッズや防犯対策は提案やアドバイスであり、すべての犯罪において有効であるということを保証しているものではありません。ご使用ご利用の際はすべて自己責任にてお願いいたします。

防犯・防災・護身術などのお役立ち情報をUPしていきます。
よかったらフォローお願いいたします。

シェア

いいね

コンテンツへの感想