専門マスター

自宅待機の今だからこそ家族で覚えたい、女性もできる護身術。痴漢にお尻をさわられた時の対処法

おりえ

総合危機管理評論家 /防犯・護身術師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

自宅待機の今だからこそ家族で覚えたい、女性もできる護身術。痴漢にお尻をさわられた時の対処法

お尻をさわられた女性の護身術

護身術を覚える
自宅で練習
戦うではなく助けを求めるため
自分を守るために

女性も覚える護身術
3カウントで覚えましょう1,2,3
1相手の親指以外を上から握りひねりながら自分は身体ごと手の外側に回る
このひねりが大切です
2次に相手の肘をおさえるよ 肘が下がらないようにおさえてね
3つかんでる手を相手側に押し込む怪我の恐れがあるから注意してね

実際は必ず周りに助けを求める事

痴漢!お尻をさわられた時の対処法
周りに助けを求めるのが大前提です

コメント
今回は後ろからお尻をさわられた時の対処法です。
護身術シーン1について
コツの中で1の手をつかみ回転するのが一番難しいと思いますがあえて腕をつかまないのは大勢の場合の冤罪を防ぐためです。実際にお尻に触れている手を直接つかむことが大切です。回転する方向は自分がつかんでいる手から体の外側に回ってください。
つかんでいる手をすくうように顔の高さの位置まで持ってきながら回ります。
ここは理解するまではわかりずらいかもしれないので動画をよく見て練習してみてください。

護身術シーン2について
続いて相手の肘を身体の下に下がらないようにおさえます。
相手が肘をおろしてひねりを回避し逃げてしまわないようにロックする感じです。
ロックしてしまえばそのまま動けないか、しゃがむ事ぐらいしか動けません。
肘が下がらないように押さえるには自分の身長や手の大きさでも違います。
上からつかんでも下からつかんでも構いません。
動画では身長の大きな男性が護身術としてるパターン(護身術者180センチ相手173センチ)肘を手で下からおさえています。
私は(女性護身術者154センチ、相手173センチ)上から肘をつかんで持っている感じです。やりやすい方法で練習してください。
護身術シーン3
相手の手をつかんでいる方に力を入れながら相手を押しのけます。
うまくロックすると相手はしゃがみますがこれは慣れないと難しいので押して行動をやめさせる、走って逃げる、このまま助けを呼ぶなど臨機応変に対処して下さい。

もし満員電車などでお尻をさわられて実際に回転する空間があるか考えるとあまり現実的ではない護身術でもあります。しかし可能性はゼロではありません。
護身術の実践は最終手段であり常に正解はなく臨機応変でなくてはいけません。
ただ学ぶことにより日頃の危機意識、防犯意識が高まる事、いざという時に泣き寝入りせずに対処しようと思う気持ちが芽生えることがとても大切です。
また護身術は相手を倒したり押さえつけたりするのが目的ではなく自分を守るためと逃げるための手段です。
周囲に人がいる場合は必ず助けを求める(*一人一人に目を合わせてお願いしてください)一人の場合は大声を出して走って逃げる、助けを求める。
そして逃げ切ってもまた狙われないため、次の被害者を出さないために警察に通報していただければと思います。
*大勢人がいる場合、集団心理の傍観者効果が働き、大勢に問いかけても誰かが助けてくれるだろうと人はなかなか動きません。一人一人の目を見ることでその人にお願いしているという意識を持っていただき協力してもらいましょう。
また下記に細かい注意点は載せていますが護身術は怪我の恐れがあります。動画は全員空手有段者で怪我のないように十分注意し、打合せの上撮影しております。
一般の方がいきなり同じスピードなどで行うと怪我や事故の恐れがあります。
すべて自己責任の上でお願いいたします。
必ず成人の指導する方を決めて十分注意しながらゆっくりと練習を始めてください。
未成年者同士だけでの練習は絶対におやめください。
【なぜ護身術か】

犯罪のニュースが多い中で通勤、通学、残業帰りの暗い夜道や、塾帰りなどに不安を覚えたことはありませんか?
簡単にできる防犯対策として護身術を取り入れましょう。

護身術は身を護る術(すべ)であり、実は技だけではありません。防犯知識や心得などもすべて護身術です。
動画の護身術の技で必ず助かる保証はありませんが、日常の防犯対策として知っていると知らなかったでは大違いです。
何よりも防犯意識が強くなり、心構えも変わってきますよね。
また、大切なことは「パニックを起こさず冷静に対処する」ことです。
あえて女性の護身術とつける所に不快感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。男性ももちろん被害者はいます。力差の観点からわかりやすく表現していることをご了承ください。

**護身術の注意・必ずお読みください**

護身術は必ず助かるわけではありません。
女性の筋量(力差に近いと言われている)男性の65%程度と言われており、強さの違いはどうしようもない部分があります。

また男性と女性、子供、幼児など同じ護身術を行っても実際の状況や体格差により技が有効な場合とそうでない場合があります。

護身術は危険を回避するためのものですので事故や怪我の恐れもあります。
練習や実践する際の一切の責任を負いかねます。
十分注意しながら自己責任で行ってください。
ふざけて行ったり未成年同士の練習は危険ですので絶対におやめください。

防犯・防災・護身術などのお役立ち情報をUPしていきます。
よかったらフォローお願いいたします。

総合危機管理評論家おりえ

私のおすすめ防犯グッズ、超高音な(耳の近くは絶対におやめください普通に使用してもしばらく耳がキンキンします)防犯ブザーと夜道対策のドライブレコーダー付きライトです。自転車用ですが持ち歩き可能です。
よかったら参考にご覧ください。

■参考情報/Yahoo!ショッピング

日本ロックサービス 防犯センサー 音嫌い5号
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4fl1ri9c8?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

自転車マルチライト付き ドライブレコーダー ブラック DLJLY19136 BK

https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44p0ku9g6?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

…続きを読む