専門マスター

逃げるための女性護身術、つかまれた腕の簡単な振りほどき方を覚えよう

おりえ

総合危機管理評論家 /防犯・護身術師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

逃げるための女性護身術、つかまれた腕の簡単な振りほどき方を覚えよう

女性の護身術 振りほどいて逃げる
腕の振りほどき方を覚えよう
つかまれたら腕を大きく回す
反対側をつかまれた場合でも大きく回す

ひじを曲げると力負けしやすく振りほどけない時があるから
曲げたまま回すのはやめた方がいいよ

しっかりとひじを伸ばして回します
思い切り、大きく回すのがうまく振りほどくコツ

つかまれた時の対処は8通りもあるから
 大切なのは細かい技よりも
しっかり伸ばして回すこと
そして
回しやすい方に大きく思い切りが大事です

腕をつかまれたら振りほどく護身術
あくまでも逃げるためが目的です
振りほどいたら大声を出して助けを求めましょう

今回はつかまれた時に自分の腕を回した反動で振りほどく方法です。
護身術の中でもとくに簡単で覚えやすいですね。

本来はつかまれた腕の方向に一度腕を回しかけてから思い切り反対側に回すなど反動をつけるのも有効ですが
自分のつかまれた腕の方向、相手のつかんだ腕の方向、回すのが内側、外側などパターンが多いうえにつかまれた角度により力が入れやすい部分が変わってきます。
技術的な技よりも、その時に少しでも対処できるように覚えるには自分が力はいりやすいほうに大きく一気に回すことを心掛けてほしいと思います。

ただし、回すのに時間がかかったり腕を曲げて相手に近づいてしまったまま回したりすると
相手のつかむ力の方が勝ってしまい腕がちゃんと回らない、振りほどけない可能性が高いです。

回せないように力差のある人から上からおさえられているつかまれ方の時は
勢いよく腕を下に落とすと外れやすいのですが、これはまた別の機会に紹介できればと思います。

今回のコツはとにかく大きく勢いよく伸ばした腕を回すことになります。

振りほどきに成功したら大声を出し走って助けを求めましょう。
大声を出すことも相手をあきらめさせるのに効果的ですので振りほどけなかった場合でも大きな声をだして周りに助けを求めて下さい。

また、万が一危険な目に遭った場合、逃げ切った後でも警察に通報していただきたいと思います。
自分が再び狙われる可能性があるだけではなく、他の被害者が出る可能性もあります。
犯罪を野放しにしないためにもぜひご協力お願い致します。

【なぜ護身術か】

犯罪のニュースが多い中で通勤、通学、残業帰りの暗い夜道や、塾帰りなどに不安を覚えたことはありませんか?
簡単にできる防犯対策として護身術の知識を取り入れましょう。
しかし、いざという時に何もしないよりはという、あくまでも最終手段であり率先して行うことを勧めているわけではありません。

護身術は身を護る術(すべ)であり、実は技だけではなく、防犯知識や心得などもすべて護身術につながります。
動画の護身術の技で必ず助かる保証はありませんが、日常の防犯対策として知っていると知らなかったでは大違いです。
何よりも護身術を覚えることで防犯意識が強くなり、心構えも変わってきますよね。
また、大切なことは「パニックを起こさず冷静に対処する」ことです。

この護身術は自宅で練習できるエクササイズとしても動画を配信しますのでそちらもぜひご覧ください。

**護身術の注意・必ずお読みください**

護身術は必ず助かるわけではありません。

女性の筋量(力差に近いと言われている)男性の65%程度と言われており、強さの違いはどうしようもない部分があります。

また男性と女性、子供、幼児など同じ護身術を行っても実際の状況や体格差により技が有効な場合とそうでない場合があります。

護身術は危険を回避するためのものですので事故や怪我の恐れもあります。
練習や実践する際の一切の責任を負いかねます。
十分注意しながら自己責任で行ってください。

ふざけて行ったり未成年同士の練習は危険ですので絶対におやめください。

防犯・防災・護身術などのお役立ち情報をUPしていきます。
よかったらフォローお願いいたします。

…続きを読む