専門マスター

簡単護身術エクササイズ、つかまれたら振りほどく腕回しのコツ覚えよう

おりえ

総合危機管理評論家 /防犯・護身術師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

簡単護身術エクササイズ、つかまれたら振りほどく腕回しのコツ覚えよう

逃げるために振りほどく護身術をエクササイズで覚えよう

女性の護身術エクササイズ

簡単に振りほどける方法のコツを覚えておきましょう

構えは腰を落とし腕をまっすぐ伸ばす
前に出す手と足は同じだよ

しっかりまっすぐ回すこと

逆側の手足もやってみましょう
ポイントはひじを曲げない
ひじを曲げると力負けして腕が回らない可能性が高いです
振りほどくにはまっすぐが大切です

つかまれた時の対応は8通り
それに回し方は4パターンです

本来は外側に回すのが楽だと言われています
ただし、つかまれた時の角度や荷物、タイミングなどでも変わってきますので
細かい技よりも今回はとっさに自分が楽な方向に回せることを重視しました

臨機応変に対応できるよう、まずは大きくまっすぐに回すことを練習してね

女性護身術
振りほどいたら大声で逃げて必ず通報して下さい。

〇護身術エクササイズで練習してみよう
今回は片手をつかまれた時に一気に振りほどく方法です。

つかまれた時に逃げるため、振りほどこうとすると
基本的には手と足が一緒の方向になります。
右手が前の時は右足が前 左手が前なら左足も前になります。

1構える 
肩幅に立ち右足を一歩前、腰を落として右腕を真っすぐに伸ばしましょう。
手の平は開いている方が好ましい*です。
ただし握っていた方が力が入ると感じる人はそれでもかまいません。

2外側に腕を回す
腰は落としたまま、できるだけ真っすぐ大きく外側に円を描いてください。
目線は前です。下に落とさないように。

3内側に腕を回す
今度は内側、こちらも腰を落としたまま、まっすぐに大きく円を描いてください。

4逆の手足でも行う
左足前、左手前にして行ってください。

内回し、外回し10回程度が目安です。
体力に合わせて行ってみて下さい。

*なぜ手は開くのがいいのか
人は手を開くと腕の表面に硬さがでます。
グッと手の平を開くことにより腕が多少なりともつかみにくくなります。
今回は一瞬で振りほどきたいのでできるだけ手がはずれやすくしておくには手のひらを開いておいた方が有効かと思います。

注意点

本来はつかまれた腕の方向に一度腕を回しかけてから思い切り反対側に回すなど反動をつけるのも有効です。
しかし自分のつかまれた腕の方向、相手のつかんだ腕の方向、回すのが内側、外側などパターンが多いだけではなく、つかまれた角度により力が入れやすい部分が変わってきます。
慣れていないと判断をしている場合ではありません。
目的はとにかく逃げる可能性を作る事、細かい技術的な技よりもその時に自分が力を入れやすい方に大きく一気に回すことを心がけて欲しいと思います。

ただし、回すのに時間がかかったり腕を曲げて相手に近づいてしまったまま回したりすると
相手のつかむ力の方が勝ってしまい腕がちゃんと回らない可能性が高いですのでとにかく真っすぐ大きくです。

また回せないように上からおさえられている、圧倒的な力差でつかまれている場合は振りほどけない事もありますが、真っすぐ下に腕を下す方法もありますのでそれはまた次に機会にお伝えしたいと思います。

振りほどく護身術のみの動画も配信しています。
ぜひ参考にご覧ください。

https://creators.yahoo.co.jp/orie/0300071078

【なぜ護身術か】

犯罪のニュースが多い中で通勤、通学、残業帰りの暗い夜道や、塾帰りなどに不安を覚えたことはありませんか?
簡単にできる防犯対策として護身術の知識を取り入れましょう。
しかし、いざという時に何もしないよりはという、あくまでも最終手段であり率先して行うことを勧めているわけではありません。

護身術は身を護る術(すべ)であり、実は技だけではなく、防犯知識や心得などもすべて護身術につながります。
動画の護身術の技で必ず助かる保証はありませんが、日常の防犯対策として知っていると知らなかったでは大違いです。
何よりも護身術を覚えることで防犯意識が強くなり、心構えも変わってきますよね。
また、大切なことは「パニックを起こさず冷静に対処する」ことです。

**護身術の注意・必ずお読みください**

護身術は必ず助かるわけではありません。
女性の筋量(力差に近いと言われている)男性の65%程度と言われており、強さの違いはどうしようもない部分があります。

また男性と女性、子供、幼児など同じ護身術を行っても実際の状況や体格差により技が有効な場合とそうでない場合があります。

護身術は危険を回避するためのものですので事故や怪我の恐れもあります。
練習や実践する際の一切の責任を負いかねます。
十分注意しながら自己責任で行ってください。

ふざけて行ったり未成年同士の練習は危険ですので絶対におやめください。
防犯・防災・護身術などのお役立ち情報をUPしていきます。
よかったらフォローお願いいたします。

防犯ブザー等防犯グッズも持ち歩きましょう

■参考情報/Yahoo!ショッピング

防犯ブザー プチアラーム2 生活防水型 超音タイプ[PAW-20]
https://bit.ly/3jf3ZXl

グルマンディーズ LED付き防犯ブザー

https://bit.ly/3h8A80X

…続きを読む