専門マスター

水害対策 水があれば5分で膨らむ土のう袋で台風や大雨に備えよう、台風被害を最小限に抑えたい。

おりえ

総合危機管理評論家 /防犯・護身術師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

水害対策、水があれば5分で膨らむ土のう袋で台風や大雨に備えよう、台風被害を最小限に抑えたい。

大雨に備える便利な水害対策

水で膨らむバック型の土のう
この軽そうなバック、重さは200g
実は水に浸すと
ぐんぐん水を吸い込み
5分で土のうに早変わり
持ち運びやすい取っ手付きで
15キロの立派な土のうになります
バックに粉だけ(吸水性ポリマー)の仕様で備蓄中は軽くて場所を取りません

使う時は5分で土のう
並べてササっと浸水を防ぎます
水害が増えゆく今、対策はとても大事
水があれば簡単5分で準備完了
水害被害を最小限にするために台風や大雨に備えましょう

台風や大雨の準備は大丈夫でしょうか?
年々雨量が増える中、大雨や台風は次々にやってきます。
私たちができることは備えること。
今回は水害や大雨の被害をできる限り防ぐための最新式の土のう袋の紹介です。
台風や大雨被害を最小限に抑えるために今準備できる便利品です。
水で膨らむ土のう袋は軽く薄い袋ですが、水に浸すだけで吸水性ポリマーが膨らみ、持ち運びやすい土のうに変わります。
実際に水を浸した後に持ち歩いてみたところ、やはり重いのですが、持ち手がついているおかげで女性でも数十メートルぐらいであれば多少の持ち運びは可能です。
あくまでも個人での計量ですが水に浸す前は200g、水に浸した5分後は12キロでした。
15キロまでは重くなるようですね。

備蓄としては薄い袋に3枚まとめて入っているので、ほとんど場所も取らず軽く邪魔になりません。
それなのに自宅や店舗が浸水被害に遭いそうな時は5分で土のうが完成する、しかも必要なのは水だけなのはとても便利ですね。

動画ではわかりやすく伝えるためにシートは使用しませんでしたが、商品説明欄にはシートなどとの併用で効果がアップとされています。
お手持ちのブルーシートなどを敷いた上に重ねると水が浸水しにくいのだと思います。
使用後は塩を混ぜると土のう袋の水抜けが早くなるようです。

【自分の命が最優先です】
もちろん水害対策、浸水対策は大切ですが大雨や台風通過前後や警報時には命を守ることが最優先です。
事前準備はしっかりと行い、避難所や自宅など安全な場所で過ごしてください。
台風通過中や暴風雨の際は決して外に出て確認をしたり窓を開けたりしないで下さい。
また河川付近は雨が止んだ後も水量が増える可能性がありますのでしばらくは近づかないようにしてください。
命が一番大切です。

また、災害中の備えだけではなく台風通過後のシャベル、スコップ、カッパ。マスク、ゴミ袋なども手に入りづらくなるので早めに備えておくと便利です。

商品説明
発売元DCMホールディングス株式会社
水で膨らむ土のう袋
土・砂不要ですぐに使える

【防災動画の注意点 必ずお読みください】

動画にて紹介する防災グッズや防災対策は提案やアドバイスであり、すべてにおいて有効であるということや健康、安全性などの効果を保障しているものではありません。
ご使用ご利用の際は説明書をよくお読みになり、すべて自己責任にてお願いいたします。

防犯・防災・護身術などのお役立ち情報をUPしていきます。
よかったらフォローお願いいたします。

YAHOOクリエイターズ 総合危機管理評論家おりえ

…続きを読む