専門マスター

  • いいね

相談件数19万件・DV被害に遭わないために!女性護身術 髪をつかまれた時に逃げる方法

おりえ

総合危機管理アドバイザー/防犯・防災・護身術

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

相談件数19万件・DV被害に遭わないために!女性護身術 髪をつかまれた時に逃げる方法

女性護身術・DV被害に遭わないために!髪をつかまれた時に逃げる方法

DV被害(ドメスティックバイオレンス)に遭わないために わしづかみ編
髪をつかまれたら逃げる護身術

長引く自粛生活の中、2020年のDV相談件数は19万3千件にも上っています
そんなDV被害報告の一つに髪をわしづかみにされる、髪をつかまれるという事例があります

髪をつかまれた時にどうその場を離れ逃げれるか?

まず逃げるにはしっかりと髪をつかまれた髪を振りほどかなくてはいけません
出来ればあってほしくない光景ですが、実際の場合では相手も興奮状態
中途半端な反撃はさらなる暴力を生むかもしれません
それ以上の被害に遭わないために、スムーズに逃げることが賢明ではないでしょうか?

ということで今回は女性護身術としてDV被害に遭って髪をつかまれた、引っ張られた、わしづかみにされた場合、スムーズに逃げる方法があるのか、護身術として検証してみました
実際にいくつか行ってみて比較的スムーズに出来ると感じたものを簡単にお伝えしています
*検証には自衛隊正式教官も務める稲川義貴氏にご協力いただいています。有段者同士で危険のないように行っております

今回護身術を行ううえで注意した点です
〇反撃をしない(相手は痛みで手を離しますがこちらから攻めていないこと)
〇素早く行えること(その場から逃げ出しやすい)
です
DVドメスティックバイオレンス被害は様々な状況があり、必ずしも今回の護身術が有効とは限りません。すべての犯罪においても言えることですが危機的状況にある場合、臨機応変な自己判断が必要です。あくまでも参考として覚えて下さい

女性護身術 髪をわしづかみにされた時 動き解説

【正面の場合 右手でつかまれた】
*今回の場合右利きで想定しましたが左の場合真逆で考えて下さい

1つかまれている頭や髪と相手の手の部分を強く両手で押さえつけ固定する
この時に簡単に剥がれないようにおさえるのが一番のコツです
2無理に前に近づいたり後ろに逃げずにまずは頭を押さえた体勢を取る。下手に動くとバランスも悪く髪を引っ張られて痛いだけです
3自分の右回り(時計回り)に回る
4少し回ったところで前屈になり軽く頭を下げると相手がバランスを崩して手が離れるので同時に自分の手も離し逃げる
〇イメージとしては半分回ってちょっとかがみながらお辞儀をするイメージ、動きで覚えづらい人は回転しながら半分背を向けたら「ではさようなら」ペコリの瞬間に離れるので走って逃げるという感じで覚えて下さい

【後ろ、背後からつかまれた】
こちらも右利きで想定しましたが左の場合真逆で考えて下さい

1正面と同じ・つかまれている頭や髪と相手の手の部分を強く両手で押さえつける
この時に簡単に剥がれないようにおさえるのが一番のコツです
〇簡単版
2正面と同じ・無理に前に近づいたり後ろに逃げずにまずは頭を押さえた体勢を取る
3自分の左回り(時計と反対回り)に回る
4こちらは頭を下げなくても相手がバランスを崩して腕が痛くなるので同時に自分の手も離し逃げる
〇しっかり行いたい版
手を固定したまま振り向くときに右足を相手側に一本前進して、肘を極めてから元の向きに戻り相手の手を頭につけたまま、頭を下げて相手の手を振りほどく
動画内では一瞬相手側の腕が上に上がっていますが、回転中に一歩踏み出すことにより、それがもっとスマートに行く感じをイメージして下さい

DV(ドメスティックバイオレンス)について

DVとは明確な定義はないとされますが、主に「配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」という意味で使用されることが多いとされています。
配偶者からの暴力を防止し、被害者の保護等を図ることを目的として制定された「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」は、「DV防止法」と呼ばれることもあります。被害者が女性にだけ限定されているものではありませんが、主にその多くが女性という事実はあります。DVの暴力の形態には身体的な物、精神的な物、性的な物などが含まれます。2020年4月~2021年3月のDV相談件数は19万30件前年度の1,6倍にあたるとされ、家庭内での問題などが増えていると思われます。

解決方法は1人で悩まず相談することが解決への第一歩かと思います。

今回の護身術は身体的被害に遭う状況で逃げだす際に使えそうな場合に覚えておいて欲しい護身術です。(ただし必ず有効ということではありません)

こからは個人的意見ですがたとえ家族であれ、大切な人であれ様々な形で誰かに傷つけられるために生きているわけではありません。そのような状況にあるなら、またおかしいな?と感じたら、専門機関に相談して大切な自分を守り安心安全な生活を取り戻してください。
(相手を思うなら相手がエスカレートしないためにも同じです)

被害に遭われている方の相談・支援先がわかりやすいURLです
https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/shien/index.html

参考資料 内閣府 男女共同参画局

女性護身術撮影について
・護身術の内容は女性に限りません。被害傾向が女性に多いためわかりやすく表現するための女性をタイトルに入れておりますがジェンダー差別ではなく、体力や被害状況内の区別としています
・センシティブな内容のため、あえて最後におだやかな練習風景を入れてあります
・わしづかみはリアル感が強いため、あくまでも想定にして頭に手をのせる手法で撮影しています
(どちらにせよ頭に手を固定するので護身術の実践内容はわしづかみと変わりません)

撮影協力
今回も零距離戦闘術・稲川義貴先生にご協力いただいています。
YOUTUBE「プロテクトちゃんねる」https://gyutto.site/6aPf
でも護身術など検証していく予定です。

今回の撮影はその一環としてご協力いただきました。

**護身術の注意・必ずお読みください**

護身術は必ず助かるわけではありません。
女性の筋量(力差に近いと言われている)男性の65%程度と言われており、強さの違いはどうしようもない部分があります。

男性と女性、子供、幼児など同じ護身術を行っても実際の状況や体格差により技が有効な場合とそうでない場合があります。

護身術は危険を回避するためのものですので事故や怪我の恐れもあります。
練習や実践する際の一切の責任を負いかねます。
十分注意しながら自己責任で行ってください。

ふざけて行ったり未成年同士の練習は危険ですので絶対におやめください。

最新の防犯グッズや防災グッズ、非常食、護身術など危機管理全般の発信をしています。よかったらフォローお願い致します。
総合危機管理アドバイザーおりえ

シェア

いいね

コンテンツへの感想